レースほっとらいん

(2018/6/20紙面掲載)

【ボートレース】

「サマーナイターSG」PRキャンペーン大成功

若松&丸亀コラボイベント

 7月にSG「オーシャンカップ」を開催するボートレース若松と8月にSG「ボートレースメモリアル」を開催する丸亀のSGPRキャンペーン「真夏の夜の夢勝負!サマーナイターSG」に同行取材してきた。

 

 9日は旭川市の「ボートレースチケットショップ旭川」、10日は札幌市の「ボートレースアンテナショップ札幌すすきの」、そして16日は仙台市内のホテル、最終日の17日は「ボートレースチケットショップ・ボートピア横浜」の4か所を巡った。

 

選手と直接交流 ファン拡大に一役

 北海道での2日連続キャンペーンは昨年に続く2年連続の開催。レース場がなく、場外舟券売り場も旭川だけの北海道では、選手に直接触れ合える機会がほとんどないので、イベントに参加したファンは「選手と実際に話すことが出来て本当に楽しかった」と喜びを口にした。

 

 北海道のイベントには篠崎仁志、羽野直也、平高奈菜、片岡雅裕と実力、人気ともトップクラスの4選手が参加したこともあり、ファンの本当に楽しそうな笑顔が印象的だった。

 

 東北地方にもボートレース場がなく、東北のファンにとっても、選手と直接触れ合えるチャンスはほとんどない。仙台のイベントには小野生奈、竹井奈美、中村桃佳の人気女子選手3人に加えて、イケメンの重成一人が参加。特に重成のトークがあまりにも面白く、とても文字には出来ない裏話もたくさん飛び出して、ファンは爆笑の渦に巻き込まれた。レース時のクールな態度とはまるっきり正反対の重成のトークの巧妙さには記者も驚かされてしまった。

 

 2年連続でナイターSGを2場で連続開催することになったボートレース若松と丸亀のコラボイベントは、地道なPR活動のひとつに過ぎないかもしれないが、各会場でのファンの楽しそうな笑顔を見て、イベントの成功を確信した次第。ファン拡大に間違いなくつながるだろうとの思いを強くした。 (井上 誠之)