レースほっとらいん【ボートレース】

(2018/7/4紙面掲載)

【ボートレース】

ハンパない盛り上がり!! 徳山SG大成功

ボートレース徳山
表彰式には多くのファンが残り、白井英治の優勝を祝福した

地元白井涙のV

 ボートレース徳山の新たな誕生に立ち会った気がした。6月24日に幕を閉じたSG「グランドチャンピオン」。徳山では64年ぶりのSG開催となり、その盛り上がりは半端なかった。

 

 何より地元選手の活躍が大会を盛り上げた。予選を終えて寺田祥が1位、白井英治が2位と地元勢が上位独占。優勝した白井は寺田との予選ワンツーを「感慨深いし、誇りに思う」と振り返った。2人とも優出して白井が優勝。待望の地元SGでこれ以上ないほどの結果を出して期待に応えた。

 

 その活躍に呼応するように場内も熱気に包まれた。それは普段走り慣れている地元選手が驚くほどだった。優勝した白井はファンの声援に涙を流し、「こんなに多くの方がいるのかというぐらい」と観客の多さに感動。今村豊は水面から見た最終日のスタンドを「20数年ぶりの光景」と形容した。売り上げピークの90年代も第一線で活躍していたレジェンドが往時を思い出す熱気を感じていた。

 

 駅には無料タクシー待ちで10人以上が並び、コンパクトで満席だった新スタンドはレース実況が聞こえにくいほど人があふれた。新しく作られた芝生広場は親子連れでにぎわい、ボルダリング体験に順番待ちをする子供の行列が出来ていた。

 

 最終日の入場者数は9151人。2月のG1「64周年」の最終日が2732人で、3倍以上にもなる。売り上げでは目標に約1億円届かない92億円だったものの、節間入場者数は目標の3万人を上回る約3万1000人だった。売り上げで判断されることが多い大会の成否だが、場内の盛り上がりも大きな要素。それを肌で感じた身としては、生まれ変わった徳山のアピールにもなり、大成功といえる大会だった。 (中村 雅俊)