【ボートレース】戸敷晃美 レディースオールスター選出に燃えろ!

来年2月芦屋開催 ご当地フレッシュルーキー

 SG「オールスター」が開幕したばかりのボート界だが、もう一つのオールスター、GⅡ「レディースオールスター」の準備も始まっている。次回は来年2月、芦屋で開催。地元福岡には大山千広、小野生奈ら人気選手が多く、一大勢力となるのは間違いないが、中でも特に出場して名前を売ってほしいと期待するのが芦屋フレッシュルーキーの戸敷晃美=写真=だ。

 開催決定は昨年7月。戸敷にとっては「その時もフレッシュルーキーをしていたので、絶対出たいと思いました」と当然、大きな目標になる。ただこれまでこの大会には縁がなかった。「(ファン投票名簿に)名前が載ったことがないんです」。多くの女子選手が対象となる一方、B2の選手や選考期間の出走回数(100回以上)、事故率(0・40以下)などの規定をクリアしていない選手は除外。戸敷は過去4回とも事故率が高く、出場の権利すらなかった。

 デビューからFが多く前々期にはF3も経験した。「スタート(S)で人より前にいないといけないと思っていた。でも今はそれはなくなりました」。ここ2期はB2となるなど大きな代償を払い、冷静な走りに移行中。それでも「(Sは)遅れるわけではないんですけど」と繰り返すほど負けん気が強く、期待したくなる選手。幸い、今回の選考期間(19年11月~20年10月)にFは含まれておらず、現在の事故率も0・20と安全圏につけている。

高倉和士に続け

 昨年芦屋の九州地区選では「この大会を目標にしていた」というフレッシュルーキーの先輩・高倉和士がA1初昇格して出場。強い気持ちが通じたか、GⅠ初優出を飾る大活躍だった。出場へのハードルは異なるが、戸敷にとっても期待に応え、アピールも出来る絶好の機会。今回こそファン投票名簿にしっかり名を連ね、投票してもらえるようなレースで魅了してほしい。現在出走機会は多くないが、ファン投票が行われる11月まで、冷静かつ熱い走りが期待される。(中村 雅俊)

(2020/5/27紙面掲載)

関連記事

過去記事(月別)

ページ上部へ戻る