ボートレース大村 SGメモリアル

(2019/8/26紙面掲載)

長谷記者による舟券徹底攻略法⑦

エース34号機は誰の手に!?

優出8回2連対率50%超え

 いよいよ、メモリアルの前検日。夕方には注目のエンジン抽選が行われる。現在使用しているエンジンは2月19日が初下ろし。2連対率の上位52基が出場する。

 

 大村のエース機は34号機。優勝こそないが、8回の優出は1位。2連対率は、ただ一基だけ50%を大きく超えている。5月に温水パイプが外れても、6月に新ペラに換わっても不動のエース機として君臨してきた。前節は山口裕二がターンをしてからの二の足、三の足がものすごく、誰もが驚いていた。この34号機を引いた選手が、優勝に一番近いはずだ。

 

59号機は整備で急上昇

 整備で急激に良くなったのが59号機だ。7月にシリンダーケース、ピストン2個、リング4本のセット交換。それまではDランクの低調機だったのが、一気にAクラスへと大化けした。前節は休みだったが、前々節に乗っていた岡本猛は伸びがすごかった。49号機は優出こそ1回だが、初下ろしからずっと上位だ。

 

 65号機は伸びに威力のある好素性機。12号機と57号機は整備で、74号機と44号機はペラ交換から上昇している。 (おわり)

 

目立ちたがり屋じゃありません。「ボートレースメモリアルを盛り上げたい」。その一心で紙面に登場しました

 レース場、ボートピア等で配布する号外(PR版)がWebでも閲覧いただけます。長谷記者による発祥地ナイター攻略法をより詳しく得記載。エンジンの評価表や注目選手など予想に役立つ情報満載です。 >閲覧する

発祥地ナイター特設ページ(本紙長谷記者出演 予想解説動画を閲覧できます)