【ボーイズリーグ】飯塚 3年生に続いた!5回コールド4年ぶりV/福岡北ジュニア大会

第8回福岡県北支部ジュニア大会(2021年7月11、18日・飯塚市穂波野球場ほか)

 中学1、2年生で編成された福岡県北支部の10チームが出場。決勝は飯塚ボーイズが西田川ボーイズを9-0の5回コールドで破り4年ぶり2回目の優勝を飾った。

優勝を飾り笑顔の飯塚ナイン

今村、高橋 連続二塁打で先制

 選手権大会とジャイアンツ杯出場を決めた3年生に続き、ジュニア戦でも飯塚ナインが躍動した。

 初回に今村、高橋の連続二塁打で先制。3回に3点、4回に1点を加えると5回は吉武の2点適時打などで4点を加え、コールド勝ちした。

1回、先制の適時二塁打を放ちガッツポーズの高橋

萬田 0封&2打点

 先発右腕の萬田は5回を2安打無失点、打っても2安打2打点と投打に活躍した。けがで昨秋以来の実戦登板だったが「楽しんで投げられた。ストライクがあまり決まらなかったけどしっかり守ってくれた」とアウトの内、内野ゴロが13個と打たせて取る投球に内野陣が好守で応えた。

 春山監督は「よく打った。振りは現チームよりもいい」と打力に手応えを得ている。遊撃の今村や捕手の酒井はレギュラー戦でも活躍し、1年生にも楽しみな選手がそろう。来春に向け、投手陣の底上げと経験値アップを図る。

(2021/7/23紙面掲載)

※新聞紙面(7/23)では選手名フルネ-ム表記、別カット写真および全試合バッテリ-&長打の選手名入りの記録、その他チ-ムの記事を掲載 <バックナンバ-お買い求め方法

関連記事

過去記事(月別)

ページ上部へ戻る