【ボーイズリーグ】西田川 準決勝逆転で2年連続決勝進出/福岡北ジュニア大会

第8回福岡県北支部ジュニア大会(2021年7月11、18日・飯塚市穂波野球場ほか)
好投が光った兼次

▼準決勝
西田川 000 051 0=6
京 築 003 000 1=4

左腕・兼次が好投 課題は攻撃力

 西田川は優勝した昨年に続き、2年連続で決勝に勝ち上がった。準決勝は3回に3点を先取されたが5回に木戸の適時打などで逆転。4回から登板した左腕・兼次は無四球で4回1失点と力投した。

 金子監督は「兼次がよく試合を作ってくれた。打撃がもう少しなので、振り込み、体も大きくしていきたい」と決勝で無得点だった反省を踏まえ、攻撃力アップを課題に挙げた。

(2021/7/23紙面掲載)

※新聞紙面(7/23)では選手名フルネ-ム表記、別カット写真および全試合バッテリ-&長打の選手名入りの記録、その他チ-ムの記事を掲載 <バックナンバ-お買い求め方法

関連記事

過去記事(月別)

ページ上部へ戻る