【ボーイズリーグ】大分明野 初回猛攻で大会初V奪取/宮崎大会

第15回宮崎大会(2021年7月22~24日・お倉ケ浜総合公園野球場ほか)

 九州各地から中学生の部25チームが出場。決勝は大分明野ボーイズ(大分)が京築ボーイズ(福岡北)を8-3で破り、大会初優勝を飾った。

優勝した大分明野ナイン=提供写真=

▼決勝
大分明野(大分)701 000 0=8
京 築(福岡北)000 120 0=3

坂本&福崎 2者連続2点適時打

 大分明野は決勝の初回に猛攻を見せた。先頭の桝谷から5番の高橋までいきなり5連打で2点を先取。その後も1死満塁から押し出しの四球で1点を加え、坂本、福崎の8、9番がそれぞれ2点適時打を放ち、この回計7点を入れた。

 投手陣は山脇、伊東、四井の2年生3投手のリレーで3点に抑えて勝利した。

(2021/8/7紙面掲載)

※新聞紙面(8/7)では選手名フルネ-ム表記、全試合バッテリ-&長打の選手名入りの記録を掲載 <バックナンバ-お買い求め方法

関連記事

過去記事(月別)

ページ上部へ戻る