【ボーイズリーグ】上津役 投手陣力投&延長制し16強/ふくやカップ中学生の部(初日)

第18回ふくやカップ争奪野球振興大会 初日

 福岡県内3支部のボーイズリーガーによる激闘が開幕。19日は中学生の部1回戦と2回戦の一部、小学生の部1回戦と準決勝が行われた。中学は上津役ボーイズ(北九州)などが3回戦に進出した。20日は福岡県宮若市の光陵グリーンスタジアムなどで2回戦の一部が行われる。 >小学生の部初日結果

神谷2戦計6回無安打無失点

1、2回戦で好投した神谷

▼中学2回戦(9月19日・田川市民球場)
赤 池 103 100 000=5
上津役 102 011 001X=6
(延長9回タイブレーク)

 上津役は投手陣の力投で流れを引き寄せた。2回戦は2点ビハインドの5回から背番号1を背負う神谷が登板。「ストライク先行で打たせる投球が出来た」と7回まで無安打無失点と好投。5回に栗野の右前適時打、6回に脇元の中前適時打で追いついた。

栗野サヨナラ中越え打

 延長8回は1年生左腕の熊谷が打たれながらも0点に抑え、タイブレーク(1死満塁)となった9回表は一直併殺で切り抜けた。

2回戦の延長9回、中越えにサヨナラ適時打を放ち笑顔の栗野(右)

 そして9回裏。先頭の栗野は「6回に脇元が打った後、自分が打てなかったので絶対に打とうと思った」と中越えにサヨナラ適時打を放った。

 新チーム初戦。走塁のミスなど課題も見られたが2勝を挙げて好スタートを切った。植林監督は「神谷がしっかり流れを作り、熊谷は1回戦が初登板だったのに2試合ともよく投げた」と投手陣をねぎらった。

 3回戦まで中1日あるため投手陣の投球回数はリセットされる。1回戦でも3イニングを無安打無失点だった神谷は「どんどんストライクを入れて三振をいっぱい取って貢献したい」と好投を誓った。

(web限定 2020/9/19公開)

※9/20(日)掲載の新聞紙面では選手名フルネ-ム表記による別内容の記事、別カット写真を掲載。9/26(土)=予定=の結果特集面では全試合バッテリ-&長打の選手名入りの記録、その他チ-ムの記事を掲載


9月19日の結果速報

▼中学生の部1回戦
直方4-3八幡
二日市7-1八幡西
山口防府7-0浮羽
八幡東13-2須恵
京築8-0小倉
福岡大野城19-0山口
久留米東3-2福岡門司
筑後10-1戸畑
八幡南11-1柳川有明
赤池4-0北九州中央
上津役8-0篠栗

▼同2回戦
直方7-2二日市
山口防府4-1八幡東
京築4-3福岡大野城
福岡粕屋5-2小倉東
宇部13-0朝倉
苅田3-0久留米東
八幡南5-2筑後
上津役6-5赤池


ふくやカップ トップへ戻る

関連記事

過去記事(月別)

ページ上部へ戻る