【ボーイズリーグ】佐世保 少人数も健闘 準V/九州選抜西九州予選

ミズノ旗争奪第17回九州選抜大会【中学】西九州支部予選
準決勝で4回無失点の一ノ瀬

▼準決勝(2月23日・SHOWAハンバーガースタジアム唐津)
伊万里 000 000 0=0
佐世保 006 000 X=6

一ノ瀬 準決勝4回0封 打っても3安打

 佐世保は少人数ながら準優勝に輝いた。準決勝は一ノ瀬主将が投打に活躍。177センチ69キロと体格に恵まれた右腕で「コース、コースに伸びのあるボールを投げられた」と4回を1安打無失点。また打っても3安打を放ち、現陣容3回目の決勝進出に貢献した。

 決勝は3回までに4点を奪われたが4回に田中の左越え適時二塁打などで2点を返すなど最後までしぶとく食い下がった。

 九州選抜大会は現時点で各支部の出場枠数が決まっていないが、出場権を得られれば初、昨秋の九州大会に続いて2季連続となる。一ノ瀬主将は「打撃から流れを作れるように、素振りなどの自主練習を続けていきたい」。打力に磨きをかけて吉報を待つ。

(2021/2/27紙面掲載)

※新聞紙面(2月27日)では選手名フルネ-ム表記、別カット写真および全試合バッテリ-&長打の選手名入りの記録、その他チ-ムの記事を掲載 <バックナンバ-お買い求め方法

関連記事

過去記事(月別)

ページ上部へ戻る