九州選抜大会(予選)

(2019/4/11紙面掲載)

第15回九州選抜大会 

【中学】福岡県北支部予選

宗像 支部大会3連覇

 福岡県北支部予選は宗像ボーイズが制して優勝して6年ぶり3回目の本戦出場。準優勝の西田川ボーイズは11年ぶり2回目。

宗像ボーイズ
決勝の初回、得点に沸く宗像の選手たち

▽決勝(4月7日)

宗 像 204 11=8

西田川 010 00=1

(5回コールド)

 

石田「得意の内角」走者一掃打

 宗像ボーイズが秋季大会(九州大会予選)、春季全国大会予選に続いて支部大会3連覇を果たした。

 

 自信を持って臨んだ。西田川ボーイズとは現陣容で3回目の対戦。攻略法を心得ていた。初回、先頭の三好が「同じ投手なので球は分かっているし、ファーストストライクを思い切り振ろうと思った」と右中間を破る三塁打で切り開くと、続く高橋の左中間適時二塁打で先制した。

 

 3回は敵失で1点を入れ、なおも1死満塁から石田が左中間を破る走者一掃の三塁打。相手の配球を読み、「直球一本に絞って得意の内角を打てた」と白い歯を見せた。4、5回も1点ずつ加え、5回コールドの8-1で勝った。

 

 気を引き締め直した。春季全国大会予選は延長8回に守りのミスが出て1回戦敗退。初日で姿を消し、翌日以降は東京観光を楽しんだ。帰福後、選手たちは全国大会の感想文を提出したが「試合のことではなく、遊んだことの感想が多かった」と斉藤監督。浮ついていたナインに、指揮官は雷を落とした。「頑張らないといけないと思った」と石田。今予選に向けて再び士気を上げていった。

 

西田川ボーイズ 薮
決勝の2回、投前スクイズを決める薮

西田川準V 4~6番が好調

 西田川ボーイズは準決勝で福田主将が3打席全て得点、秋吉が2安打、神吉が3安打と4~6番の活躍で7得点。優勝した2008年以来の本戦出場を決めた。ただ決勝はエラーの連鎖や投手陣が崩れたりと後味の悪い内容に。金子監督は「淡泊すぎて試合にならない。気持ちの部分も含めて力不足」。がむしゃらな気持ちで白球に向かっていけるかが浮沈の鍵を握りそうだ。

 

※新聞紙面では優勝チーム記事全文と別カット写真、選手名フルネ-ム表記、1回戦からバッテリ-&長打の選手名入りの記録を掲載 バックナンバ-お買い求め方法