九州選抜大会(予選)

(2019/4/11紙面掲載)

第15回九州選抜大会 

【中学】北九州支部予選

上津役 4回打者13人猛攻V奪取

 北九州支部予選は上津役ボーイズが制して4年ぶり4回目の本戦出場。準優勝の福岡門司ボーイズは春秋通じて初の九州大会進出。

上津役ボーイズ 平塚
決勝の4回、中前に2点適時打を放ち、笑顔の平塚

▽決勝(4月7日)

福岡門司 020 00=2

上津役  102 8X=11

(5回コールド)

 

平塚 投打に貢献

 上津役ボーイズが4回に打者13人、8得点の猛攻を見せ、11-2の5回コールドで快勝。北九州支部1位で本戦に駒を進めた。

 

 1点を追う3回に黒肥地の左前2点適時打で逆転。続く4回、高橋がスクイズを決め、さらに1死二、三塁から平塚が「左投手は得意なので初球からどんどん振ろうと思った」と中前2点適時打を放った。その後も川崎の中越え2点三塁打や高橋の右犠飛など加点した。

 

 今予選3回目の登板だった平塚は「打たれてもいいので、四球をなくすように気をつけた」と4回を無四球の2失点で投打に貢献。植林監督は「調子が上がってきたし、4回まで投げて一皮むけたかな」と右腕の成長をたたえた。

 

 足を使った攻撃も決まった。4回に1死一塁からワンヒットで二、三塁とチャンス拡大。吉田が左前安打を放つと、相手野手の隙を見て一塁走者の池永が三塁へ。さらに送球の間に吉田も二塁まで進んだ。ほかの場面でも好走塁が決まり、得点につながった。間世田主将は「走塁がダメだったので、とにかく走る練習をやってきた」と鍛錬が実った。

福岡門司ボーイズ
決勝の2回、得点に沸く福岡門司ナイン

福岡門司 初の九州大会へ

 福岡門司ボーイズは春秋通じて初の九州大会進出。決勝は実戦慣れしていない投手の起用や守りのミスもあって大量点を奪われたが、2回に堀の中前安打をきっかけに梶原の適時二塁打などで2得点と打力は健在だった。渡辺監督は「全国でもエラーが多かったし、アウトに出来るのを確実にアウトにしないと。守備をもう1回鍛えたい」と守備力強化を課題に挙げた。

※新聞紙面では優勝チーム記事全文と両チームの別カット写真、選手名フルネ-ム表記、1回戦からバッテリ-&長打の選手名入りの記録を掲載 バックナンバ-お買い求め方法