九州選抜大会(予選)

(2019/4/10更新)

第15回九州選抜大会 【中学】沖縄県支部予選

南風原7回打者一巡猛攻 2年ぶりV

 決勝は南風原(はえばる)ボーイズが読谷ボーイズに11-5と打ち勝ち、2017年の同予選以来の優勝を飾った。本戦出場は2年ぶり2回目。準優勝の読谷は4年ぶり3回目の本戦切符を手に入れた。

南風原ボーイズ
優勝した南風原ナイン(支部提供)

▽決勝(3月24日)

南風原 201 001 7=11

読 谷 103 100 0=5

 

最優秀選手賞に田本

 南風原ボーイズが最終回に打者一巡の猛攻で決着をつけた。初回に2番・上地の左前安打をきっかけに、石川の適時二塁打、田本の中前適時打と3連打で2点を先制。その後逆転されたが、6回に1点を返すと、7回に一挙7点を入れて逆転。2年ぶりの優勝をつかんだ。最優秀選手賞は4番の田本、殊勲賞は宮城が選ばれた。

読谷ボーイズ
準優勝の読谷ナイン(支部提供)

読谷 打力上向いた

 読谷ボーイズは1回表に2点を先制されたが、1回裏に糸数の適時打で1点を返し、3回は棚原、運天の適時打で一時逆転した。今大会は1番の平敷が長打を連発するなど昨秋に比べて打力が上向いている様子。敢闘賞を受賞した左腕・宮城ら楽しみな選手もいて本戦でも躍進が期待される。

 

※4月6日の新聞紙面では1回戦からバッテリー&長打の選手名入りの記録を掲載。当記事はWeb限定掲載 バックナンバーお買い求め方法