【ボーイズリーグ】薩摩川内3戦計1失点 3年ぶり本戦切符/九州大会鹿児島予選

第36回九州大会 鹿児島県支部予選(中学生の部)

 秋の九州NO1をかけ各支部で予選が行われた。鹿児島県支部予選決勝は薩摩川内ボーイズが薩摩南海ボーイズを3-1で破り、3年ぶりの本戦切符をつかんだ。九州大会は10月31日、11月1日に宮崎県都城市の市営球場などで開かれる。

▼決勝(9月21日・姶良市総合運動公園野球場)
薩摩川内201 000 0=3
薩摩南海010 000 0=1

決勝原田完投 渡辺2戦連続完封

 薩摩川内は3戦計1失点と投手陣が好投して栄冠をつかんだ。決勝は原田が1失点完投。1回戦と準決勝では渡辺が2戦連続完封だった。
 新型コロナウイルス感染拡大の影響もあって県外の大会に出場するのは昨年8月の選手権大会以来。1年生はもちろん、2年生も遠征先で試合する機会に恵まれなかった。本戦では、県内だけでは得られないものを経験できるはず。予選同様に投手陣が踏ん張り、春秋通じて7年ぶりとなる九州大会での白星を目指す。

(2020/10/10紙面掲載)

※新聞紙面(10月10日)では選手名フルネ-ム表記、別カット写真および全試合バッテリ-&長打の選手名入りの記録を掲載 <バックナンバ-お買い求め方法

関連記事

過去記事(月別)

ページ上部へ戻る