【ボーイズリーグ】うるま東コールド圧勝 6年連続九州大会/秋季沖縄予選大会

第20回秋季沖縄予選大会/九州大会予選(中学生の部)

 九州大会の出場権をかけた秋季沖縄予選大会決勝はうるま東ボーイズがうるまボーイズを6回コールドの15-3で下し、6年連続の出場を決めた。本戦は10月31日、11月1日に宮崎県都城市の市営球場などで開かれる。

6年連続出場を決めたうるま東ナイン(支部提供)

▼決勝(10月11日・オキハム読谷平和の森球場)
うるま東201 1110=15
うるま 000 201=3
(6回コールド)

6回7番から3連打

 下位からビッグイニングを作ったうるま東が圧勝した。5-2で迎えた6回、7番・兼城から崎原、又吉の3連打に加え、守備の乱れで3点を追加。その後も久高が四球を選んだ後、後続の連打でさらに3点を加えた。相手投手が交代しても勢いは止まらず、この回だけで10得点を挙げた。

 決勝は3点を奪われたものの、2回戦は3-1、準決勝は8-1と最少失点に抑えて勝ち上がった。

(web限定 2020/10/30公開)


準優勝のうるまナイン

※当記事、写真の掲載はweb限定。新聞紙面(10月17日)では全試合バッテリ-&長打の選手名入りの記録を掲載 <バックナンバ-お買い求め方法

関連記事

過去記事(月別)

ページ上部へ戻る