九州大会(予選)

(2018/10/18紙面掲載)

第34回福岡県北支部秋季大会

【中学】九州大会 福岡県北支部予選

宗像 9年ぶり秋季制覇

宗像ボーイズ
ガッツポーズの宗像ナイン(支部提供)

▽決勝(10月13日)

京 築 102 000 0|3

宗 像 020 050 X|7

 

田中 準決勝で5打点

 宗像ボーイズが9年ぶりに秋季大会を制した。5回に押し出しの四球で追いつき、その後2死満塁から藤井、石田の連続長打でこの回計5得点。2番手の田中主将が4回以降の4イニングを1安打無失点に抑えた。

 

 田中主将はバットでも活躍した。準決勝の初回に1死満塁から右中間に走者一掃の三塁打、5回には右中間に勝ち越しの2点二塁打で計5打点を挙げた。斉藤監督は「全然打てない選手だったのに、右方向に2本打って驚いた。決勝はコントロールが良かった。キャプテンとしての自覚が生まれてきたかな」と主将の成長を実感した。

 

 スタメンの半数以上が1年生の若いチーム。斉藤監督は準決勝で大敗も覚悟していた。しかし、初回に5得点の猛攻、5回には相手の好投手から3得点と打線が奮起。エース・入江は3回に一度降板したものの、6回に再び登板して最終回を3者連続三振で締めた。そして決勝は逆転勝ちと、ナインは首脳陣の予想以上に躍動。指揮官は「欲を出して勝てるチームじゃない。伸び伸びとやった結果」と声を弾ませた。

 

 準優勝の京築ボーイズは4年連続の九州大会出場切符を勝ち取った。

 

※新聞紙面では記事全文、選手名フルネーム表記、別カット写真、1回戦からバッテリー&長打の選手名入りの記録に、優勝チーム以外の記事も掲載 バックナンバーお買い求め方法