【ボーイズリーグ】日田有終V 森山5回1失点/玖珠ボーイズ30周年記念大会

玖珠ボーイズ30周年記念大会(中学生の部)

 大分県支部の古豪・玖珠ボーイズが30周年の節目を迎え、チーム主催の記念大会が行われた。大分のほか、熊本、北九州、福岡県南の各支部から3年生交えた8チームが出場した。決勝は日田ボーイズ(大分)が福岡ボーイズ(福岡南)を4-1で破り優勝した。

優勝した日田ナイン(主催者提供)

▼決勝(9月20日・花林かいぞくスタジアム)
福 岡(福岡南)000 100 0=1
日 田(大分) 130 000 X=4

初回 中野先制打

 日田が福岡を4-1で破り、優勝を飾った。初回に2死一、二塁から中野の左前適時打で先制。2回は矢羽田の中前安打をきっかけに森山塁主将の左前適時打などで3点を追加した。先発右腕の森山塁は5回を4安打1失点。2番手の中村が6、7回をゼロに抑えた。

 3年生は新型コロナウイルスの影響に加え、7月の豪雨災害で十分な練習が出来ないまま選手権大会予選の準決勝に臨むなど苦難続きだった。しかし、終わり良ければ全て良し。有終の美を飾りナインは最高の笑顔を見せていた。

(2020/10/2紙面掲載)

※新聞紙面(10月2日)では選手名フルネ-ム表記、別カット写真および全試合バッテリ-&長打の選手名入りの記録、その他チ-ムの記事を掲載 <バックナンバ-お買い求め方法

関連記事

過去記事(月別)

ページ上部へ戻る