【ボーイズリーグ】西田川 1年生投手好投で準V/長崎傅記念大会

九州古賀ボーイズ50周年 第8回長崎傅記念大会(中学生の部)
準決勝で1安打完封の野口

▼決勝(11月23日・福工大城東高野球場)
西田川(福岡北)  003 000 0=3
九州古賀A(福岡南)000 000 0=0

野口 準決勝1安打完封

 西田川は福岡志免、福岡、そしてホストの九州古賀Aと強敵を次々と倒して準優勝に輝いた。準決勝は1年生右腕の野口が7奪三振の1安打完封。3回に関屋主将の左越え適時三塁打などで3点を入れて援護した。

 金子監督は「野口がよく投げたし、投手が抑えて、守って勝てている。選手たちはおとなしかったけど、元気でいい雰囲気になっている」と手応え。関屋主将は「ミスをしてもカバーできた」と胸を張った。打線に課題はあるものの、明日開幕する春季全国大会予選に弾みをつけた。

(2020/11/28紙面掲載)

※新聞紙面(11月28日)では選手名フルネ-ム表記、別カット写真および全試合バッテリ-&長打の選手名入りの記録、その他チ-ムの記事を掲載 <バックナンバ-お買い求め方法

関連記事

過去記事(月別)

ページ上部へ戻る