【ボーイズリーグ】鷹羽 準優勝で出場権獲得 本戦で3年ぶりV目指す/西日本選抜 福岡北予選

第19回西日本選抜優勝大会【中学】福岡県北支部予選
決勝で中盤まで好投した若江

新加入・若江の好投収穫

 鷹羽は準優勝で本戦の出場権を獲得した。ただ決勝は自慢の打線が不発。小峠が2安打と気を吐いたものの、連打が出ず3得点にとどまった。準決勝で飯塚の好投手・高尾を想定した速球打ちに取り組んできたが、その反動で女子投手の緩急を使った投球にタイミングが合わなかった。服部監督は「打ち上げすぎ。まんまとはまってしまった」と振り返った。

 それでも昨年11月に加入した若江が初登板ながら4回まで好投と課題の投手陣に希望の光が見えたのは収穫。西日本選抜優勝大会は投打ともに仕上げて3年ぶりの優勝を目指す。

(2021/2/27紙面掲載)

※新聞紙面(2月27日)では選手名フルネ-ム表記、別カット写真および準決勝と決勝のバッテリ-&長打の選手名入りの記録を掲載 <バックナンバ-お買い求め方法

 

 

西日本選抜優勝大会トップ


関連記事

過去記事(月別)

ページ上部へ戻る