地区大会

(2018/7/21紙面掲載)

<中学生の部>

読売旗争奪 第12回宮崎大会

黄城 リベンジ大会初V

 昨年と同じ顔合わせとなった決勝は、黄城ボーイズ(西九州)が京築ボーイズ(福岡北)を6―2で破りリベンジに成功。大会初優勝を飾った。

黄城ボーイズ
優勝した黄城ナイン(宮崎県支部提供)

▽決勝(7月16日)

黄 城(西九州)000 141 0|6

京 築(福岡北)000 020 0|2

 

先発全員安打  5回一挙4得点

 先発全員安打で打ち勝った。決勝の4回、黄城ボーイズは1死一、二塁から千田の右前適時打で先制。5回は山崎の左中間三塁打をきっかけに、2死三塁から松本、鴨打、河端主将、津隈の4連打で4点を追加。6回は糸山の左前適時打でさらに1点を加えた。合計15安打。下位も含めてコンスタントにヒットを打った。

 

 気持ちを切り替えた。選手権大会予選は決勝で敗退。全国出場を逃した。だが、下を向いてはいられない。出場権を得ているホークス杯(8月6~8日)に照準を定めた。選手権大会予選の後は練習内容を選手同士で話し合って決め、それぞれのペースで調整。6月下旬から毎週公式戦があり疲れも残っていたが、きっちりと結果を出した。

 

※新聞紙面では文の続き、選手名フルネーム表記、1回戦からバッテリー&長打の選手名入りの記録を掲載 バックナンバーお買い求め方法


ボーイズリーグ九州ブロックその他の大会
熊本大会im天草
アサヒ緑健カップ山鹿選手権大会
ふくやスポーツ感謝祭アジア野球振興大会
大会情報
九州ブロックチーム紹介
購読のお申し込み
新聞掲載写真のご購入