地区大会

(2018/4/20紙面掲載)

<中学生の部>

第15回九州さわやか大会

佐賀玄海 地区大会初V

佐賀玄海ボーイズ
優勝した佐賀玄海ナイン(チーム提供)

▽決勝(4月8日)

日 出(中九州) 000 000|0

佐賀玄海(西九州)010 123X|7

(6回コールド)

 

打線復調 6回コールド圧倒

 自慢の打線が本領を発揮した。佐賀玄海ボーイズは決勝で、4本の長打で7得点。先発の松尾が6回を無失点と投打がかみ合い、日出ボーイズを退けた。大分開催だった昨秋の九州大会でも準優勝。験のいい土地で創部以来初の地区大会優勝を飾った。

 

 とにかく打ちまくった。1回戦は長打9本をはじめ14得点。2回戦は延長タイブレーク(1死満塁)を制して勝ち上がり、準決勝では13得点の4回コールド勝ち。中でも江口、井上、山口のクリーンアップが活躍。松尾監督は「山口は15打数10安打くらい打っている」と振り返った。

 

 冬季練習の成果が出た。初戦で敗れた九州選抜大会予選をはじめ、3月までは打線が振るわなかったが、首脳陣は練習に変化を加えなかった。ハードな練習をこなしてきたナインを信じ、黙って調子が上向くのをを待った。そして今回、春先の鬱憤(うっぷん)を晴らすかのような長打攻勢。指揮官は「冬にしたことが少しずつ出てきている。これできっかけをつかめたかな」と声を弾ませた。

 

※新聞紙面では文の続き、選手名フルネーム表記、1回戦からバッテリー&長打の選手名入りの記録を掲載 バックナンバーお買い求め方法


ボーイズリーグ九州ブロックその他の大会
熊本大会im天草
アサヒ緑健カップ山鹿選手権大会
ふくやスポーツ感謝祭アジア野球振興大会
大会情報
九州ブロックチーム紹介
購読のお申し込み
新聞掲載写真のご購入