【ボーイズリーグ】西日本選抜優勝大会 組み合わせ決まる

初出場の福岡西南は鹿児島大隅と対戦

※2021/3/19一部会場変更

 第19回西日本選抜優勝大会(20、21日・県営春日公園野球場ほか)の組み合わせ抽選が7日、決定した。

 中学生の部は最多4回の優勝を誇る福岡ボーイズ(福岡南)は昨秋優勝2回の別府ボーイズ(大分)と、初出場の福岡西南ボーイズ(福岡南)は鹿児島大隅ボーイズ(鹿児島)と対戦する。

福岡西南は昨秋急躍進。石田=写真=や新原ら好打者がそろう

 小学生の部は連続優勝(昨年は中止)を目指す苅田ボーイズ(福岡北)と四国の強豪・松山中央ボーイズ(愛媛)が好カードだ。

 大会は福岡をはじめ九州各地や中四国から選び抜かれた中学生の部16、小学生の部8チームが出場。20日は県営春日公園野球場など福岡市周辺の6会場で中学1、2回戦と小学1回戦、21日は春日公園野球場で中学の準決勝と決勝、香春町の総合運動公園で小学の準決勝と決勝を行う。なお新型コロナウイルス感染予防のため開会式および閉会式は行わない。

 ※出場選手名簿と組み合わせなど大会の展望を19日の紙面で掲載する予定です

(web限定2021/3/7公開)

西日本選抜優勝大会トップ


関連記事

過去記事(月別)

ページ上部へ戻る