第18回沖縄大会

【新聞紙面掲載予定】

☆12月28日(土) 結果特集


【出場チーム】

<沖縄県支部>読谷ボーイズ、浦添中央ボーイズ、浦添ボーイズ、北谷ボーイズ、うるま東ボーイズ、うるまボーイズ、沖縄東ボーイズ、南風原ボーイズ、那覇ボーイズ、豊見城ボーイズ

<中九州支部>大分選抜、熊本県選抜

<展望>

 春季全国大会予選を制した那覇が優勝候補筆頭。エース右腕の東恩納ら投手陣もしっかりし、喜屋武、佐野の1、2番を起点に打線も大量点が奪える。九州大会4強の浦添やうるま東の攻撃力も高い。北谷は接戦に強くなり春季全国大会予選では決勝に勝ち上がった。全員野球がテーマの読谷も上位をうかがう。

 

 年々レベルアップしている中九州支部の両選抜チームは今年も上位に勝ち上がってくるだろう。ほかのチームは現陣容ではまだ思うような戦績を残せていないだけに、ここで来年の飛躍につなげておきたい。


【組み合わせ】

※与那城グラウンド→具志川球場に変更。開始時間は「予定」



【最終日結果】

(2019/12/22更新)

<中学生の部>

第18回沖縄大会/最終日

うるま東3年ぶりV 打線爆発19得点

 決勝は22日にうるま市のエナジックスタジアム石川で行われた。打線が爆発した、うるま東ボーイズ(沖縄)が熊本選抜(中九州)を4回コールドの19-7で破り、3年ぶり3回目の優勝を飾った。

 >続きを読む


【初日結果】

(2019/12/21更新)

<中学生の部>

第18回沖縄大会/初日

中九州支部 両選抜チーム4強入り

 21日はうるま市のエナジックスタジアム石川などで1、2回戦が行われ、沖縄県支部10チームと中九州支部の熊本、大分選抜の中学生の部計12チームが熱戦を繰り広げた。熊本選抜、大分選抜に那覇ボーイズとうるま東ボーイズが4強進出。準決勝と決勝は22日にエナジックスタジアム石川で行われる。

 >続きを読む


【大会 フォトギャラリー】


【開会式 フォトギャラリー】