ボーイズリーグ選手権大会(予選)

(2018/7/6掲載)

第49回選手権大会

【中学】西九州支部予選

佐賀玄海 創部8年初全国

佐賀玄海ボーイズ
西九州支部予選優勝の佐賀玄海ナイン(チーム提供)

▽決勝(6月30日)

黄 城  000 010 0|1

佐賀玄海 000 500 X|5

 

4回一挙5得点 29人全員の力

 創部から8年。佐賀玄海ボーイズが悲願の全国初出場を決めた。決勝は4回に一挙5得点。先頭の2番・松尾が右前安打で切り開くと、敵失と井上の左前適時打で2点を先制した。その後もチャンスを広げ、1死二、三塁から青木渉のスクイズ、久保の遊撃内野安打、小柳の左中間適時二塁打と7~9番で3点を加えた。

 

 先発の松尾は走者を背負いながらも打たせて取る投球で5回1失点。6、7回は2番手の西元悠起がゼロに抑えた。野手も無失策。松尾監督は「硬さも無かったし、これまでの積み重ね、経験が生かせた」。平常心で試合に臨めていた。

 

 部員全員がヒーローだ。昨年12月の春季全国大会予選で敗れた後は猛特訓に取り組んだ。レギュラー陣は一段とレベルアップし、今年3月以降は快進撃を続けた。それを支えたのは下級生を含む控え選手たち。「試合だけじゃなく、普段からいろんなことで支えてきてくれた。29人の部員一人ひとりが仕事をして勝ち取った」と松尾監督。試合に出られなくても献身的にレギュラーメンバーをサポートした。

 

※新聞紙面では文の続き、選手名フルネーム表記、1回戦からバッテリー&長打の選手名入りの記録を掲載 バックナンバーお買い求め方法


ボーイズリーグ九州ブロックその他の大会
熊本大会im天草
アサヒ緑健カップ山鹿選手権大会
ふくやスポーツ感謝祭アジア野球振興大会
大会情報
九州ブロックチーム紹介
購読のお申し込み
新聞掲載写真のご購入