選手権大会(予選)

(2019/7/6紙面掲載)

第50回記念選手権大会

【中学】沖縄県支部予選

うるま東 投手陣奮起で2年連続

 決勝はうるま東ボーイズが那覇ボーイズを5-3で破り2年連続3回目の夏切符をつかんだ。

うるま東ボーイズ
2年連続出場を決めた、うるま東ナイン(支部提供)

▽決勝(6月22日)

うるま東001 130 0=5

那 覇 010 101 0=3

 

喜納 大会通算12回無失点

 うるま東ボーイズが競り勝って大阪決戦に駒を進めた。2-2の5回、川端、仲本の2者連続四球や敵失で無死満塁として、玉栄の犠飛で1点を勝ち越し。さらに相手投手の暴投により、この回3点を入れた。相手打線も6回に1点を返すなどしぶとく食い下がるが、3番手・浦崎朋が粘り強く投げた。

 

 昨秋の九州大会に出場した後は波に乗れず、春季全国大会予選は決勝で北谷に1ー14の大敗。ジャイアンツ杯予選も初戦で姿を消した。試合内容は「大味」で接戦になると、もろさがあった。しかし、今大会は準決勝と決勝はともに2点差で、決勝以外の3試合は全て失点なし。計12回無失点の喜納人が好投した。

 

那覇ボーイズ
那覇は3年生3人ながら準優勝。ホークス杯出場を決めた(支部提供)

※新聞紙面(7月6日)では選手名フルネーム表記、全試合のバッテリー&長打の選手名入りの記録を掲載 バックナンバーお買い求め方法