【ボーイズリーグ】黄城 準V原ら投手陣力投/春季大会西九州予選

第51回春季全国大会【中学】西九州支部予選
準決勝で1失点完投の原

▼準決勝(11月29日・佐世保市野球場)
黄 城 001 013 0=5
諫 早 001 000 0=1

1年生左腕 初先発1失点完投

 黄城は3年連続で準優勝。決勝は6イニングで得点圏に走者を進めたが7回に敵失で得た1点のみ。坂下監督は「あと一本が出なかった。力はあるけど、1日2試合勝つことができない」と話した。

 ただ金田、小副川のリレーで6安打に抑えた決勝を含め、大会を通して投手陣が好投。準決勝で公式戦初先発ながら1失点完投だった1年生左腕・原は「真っすぐがいつもより伸びていた。捕手(水口)のリードが良く、守備もうまかったのでしっかり投げられた」と先輩たちに感謝していた。

(2020/12/5紙面掲載)

※新聞紙面(12月5日)では選手名フルネ-ム表記、別カット写真および全試合バッテリ-&長打の選手名入りの記録、その他チ-ムの記事を掲載 <バックナンバ-お買い求め方法

関連記事

過去記事(月別)

ページ上部へ戻る