【ボーイズリーグ】小倉準V 王者と互角の勝負/春季大会北九州予選

第51回春季全国大会【中学】北九州支部予選
決勝で4安打と活躍した柳瀬

▼決勝(12月5日・大谷球場)
小 倉 001 010 111=5
八幡南 100 200 012X=6
(延長9回)

柳瀬、倉元ら好打 力出し切った

 小倉は10月に10点差で完敗した八幡南と互角の勝負を展開した。2-3の7回に木葉のスクイズで同点。延長8回、9回はともに1点を先行して王者を追い詰めた。5年ぶりの全国切符は逃したがナインはやり切った表情を見せた。

 4安打の4番・柳瀬ら打線が好調。中尾監督は「最近は下位までよくヒットが出るようになった。自分たちで切り開ける力が備わっているのかな」とうなずいた。決勝の延長8回に適時打を放ち、準決勝でも2打点を挙げた倉元は「普段からたたく打撃を意識している」と話した。

(2020/12/12紙面掲載)

※新聞紙面(12月12日)では選手名フルネ-ム表記、別カット写真および準決勝と決勝のバッテリ-&長打の選手名入りの記録、その他チ-ムの記事を掲載(2回戦以前の結果は12月5日の新聞に掲載) <バックナンバ-お買い求め方法

関連記事

過去記事(月別)

ページ上部へ戻る