【ボーイズリーグ】宮崎 序盤に主導権握り 夏春連続V /春季大会宮崎予選

第51回春季全国大会【中学】宮崎県支部

 中学生の部、宮崎県支部予選決勝は宮崎ボーイズが都城ボーイズを6-3で破り、春初優勝を飾った。本大会は3月26日から東京・大田スタジアムなどで開催が予定されている

夏春連続の全国大会予選優勝を果たした宮崎ナイン(支部提供)

▼決勝(12月20日・西階運動公園野球場)
宮 崎 202 000 2=6
都 城 000 011 1=3

前大会から3か月「目に見える形で成長」

 宮崎が夏春連続となる全国大会予選優勝。4戦中3戦で初回に得点を挙げ、主導権握ったことが勝利につながった。

 決勝は野元が左前安打で切り開くと、続く小倉がセーフティーバントでチャンス拡大。1死後、1年生の4番・中筋が0ボール2ストライクからヒットエンドランを成功した。さらに日高の適時打で計2点を入れた。

 先発右腕の斉藤は6回2失点。1回戦は初回に制球が乱れて3点を奪われたが、決勝は課題の立ち上がりを克服するとそのままリズム良く投げ、2番手の工藤輝大につないだ。

 入念に準備して決戦の時を迎えた。9月の九州大会予選は初戦敗退。それから今大会まで公式戦の出場機会はなかったが空白期間をプラスに変えた。酒井監督は「すぐに目標と計画を立て、切り替えて練習に取り組んだ」。3か月弱、走塁を含めた攻撃力の強化と体力アップに専念した。

 「目に見える形で成長した」。4戦計34得点はその証し。「5割くらい打った。足もあるし思い切りがいい」と評価する1番・野元から中軸へと打線がつながった。今冬も目標を持って練習に取り組み、本戦に備える。

(2020/12/26紙面掲載)

※新聞紙面(12月26日)では選手名フルネ-ム表記、別カット写真および全試合バッテリ-&長打の選手名入りの記録を掲載 <バックナンバ-お買い求め方法

関連記事

過去記事(月別)

ページ上部へ戻る