春季全国大会(予選)

(2019/2/22紙面掲載)

第49回春季全国大会

【中学】福岡県北支部予選

宗像5年ぶり春 入江が好投、先制打、激走!

宗像ボーイズ 入江
走攻守に活躍した入江

▽決勝(2月16日)

京 築 000 020 1=3

宗 像 003 020 X=5

 

5年ぶり2回目

 最後の打者を三ゴロに打ち取ると、宗像ボーイズの選手たちはグッと拳を握りしめた。昨年の秋季大会と同じように準決勝で西田川ボーイズ、決勝で京築ボーイズと強敵連破を再現。2年生が6人しかいない若いチームが5年ぶりの大舞台に名乗りを上げた。

 

 エースが「走攻守」全てで貢献した。174センチ右腕の入江は「直球で三振が取れたし、コントロールも決まった」と3失点完投。3回には2死満塁で先制の適時二塁打。変化球に狙いを定め、「内角のカーブをレフトにはじき返せた」と4番の役割を果たした。さらに5回には藤井のスクイズで二塁から激走し、生還に成功した。

 

白石、隠塚ら1年生も貢献

 心身ともにレベルアップした。冬季練習では基礎体力の向上と下半身の強化をより意識して取り組んだ。厳しい練習を一丸となって乗り越えたことで「みんな気持ちが前に出て、積極的になった」と田中主将。1年生の白石は「下半身強化に加え、肩周りのストレッチを欠かさずやった。回転、スピードの効いたボールが投げられた」と1、2回戦で好投した。また「鋭い打球が行くようになった」と打撃でも活躍した。

 チームを陰で支えたのは隠塚悠。元々は3番・三塁で攻守の要だったが、腰椎分離のため11月から戦線を離脱した。それでも首脳陣はベンチから外さず、三塁コーチャーとしてグラウンドに立った。5回の2ランスクイズなど的確な判断、指示で得点に貢献。斉藤昭八郎監督は「野球を分かっている選手。いい仕事をしてくれた」とたたえた。


京築ボーイズ
決勝で敗れたが、準決勝は見事な逆転勝ちだった

京築 連覇ならず涙

 京築ボーイズの2年連続出場はならず。無念の準優勝に涙を流して悔しがる選手もいた。5回に吉田、小野、秋吉の3連打で1点差に迫ったものの、その裏に再び点差を広げられ、6回は1死満塁の好機で2者連続三振に倒れた。進林監督は「この冬で相当パワーがついたと思うけど、8安打打ってもチグハグ。集中打がないと」と肩を落とした。

 

 当面の課題は試合を作れる投手の育成と、打線のつながり。気持ちを切り替え、西日本選抜優勝大会(3月23、24日・福岡)で悔しさを晴らす。

 

※新聞紙面では優勝チームの記事全文と別カット写真、選手名フルネーム表記で掲載。2月15日に1回戦~準決勝のバッテリー&長打の選手名入りの記録やその他チームの記事を掲載 バックナンバーお買い求め方法