(2018/4/21掲載)

レスリングどんたく2018

来月3、4日・福岡国際センター

今度はライガーが報知に来た!

 

初の2日間決戦に熱狂必至

 新日本プロレスの重鎮レスラー、獣神サンダー・ライガーが20日、スポーツ報知西部本社を来訪。来月3、4日に福岡市博多区の福岡国際センターで開かれる「レスリングどんたく2018」のPRを行った。

 

 「5・3福岡決戦」が新たな歴史を踏み出す。新日本プロレスは往時の人気を取り戻し、毎年5月3日に行われているレスリングどんたくも大盛況。もっと試合が見たいというファンの要望に応え、初めての2日間開催になった。4日のメインカード、IWGPヘビー級選手権試合(オカダ・カズチカ-棚橋弘至)をはじめ、2日間で約20試合が予定されている。

 

新日の下半期を占う戦い

 ライガーは「オカダと棚橋のメインはもちろん、3日は外国人の勢力構図を左右する試合もある。新日本プロレスの今年下半期を占う戦いになるし、僕らも楽しみにしている。2日間ともぜひ来てほしい」と魅力を語った。自身は両日ともタイガーマスク、田口隆祐と組んで3人タッグ戦に登場する。「気心の知れたメンバー。これも面白い試合になると思う」と熱戦を約束した。

 

 両日とも午後3時30分開場、同5時開始。チケットの詳細、問い合わせは新日本プロレス公式サイトへ。また今月29日は熊本(グランメッセ熊本)、30日は鹿児島(姶良市総合運動公園体育館)、5月1日は大分(大分イベントホール)でも大会が行われる。

獣神サンダー・ライガー
大会の魅力を語った獣神サンダー・ライガー
ゴルフ
陸上・自転車
Fight
エンターテインメント テレビ 芸能 音楽