蛭川隆
18番、蛭川隆が優勝を決定づけるバーディーパットを決める

(2017/4/8掲載 ※抜粋)

 

トヨタカップオープンゴルフ

蛭川 プロ初V

 

 九州サーキット「第19回トヨタカップオープンゴルフトーナメント2017」(優勝賞金150万円、スポーツ報知など後援)は7日、福岡県宮若市のザ・クラシックゴルフ倶楽部(6668ヤード、パー71)で最終日が行われた。116人(プロ64人、アマ52人)が出場。初日3位タイの蛭川隆(高千穂)がスコアを7つ伸ばし、通算10アンダーでプロ初優勝を飾った。1打差の2位タイに和田章太郎(フリー)、秋吉翔太(ホームテック)。ベストアマは初日首位タイの池田悠希(秀岳館2年)が通算6アンダーで獲得した。

 

 昨年9月、この地でプロテストにトップ合格した蛭川が、今度はプロ3戦目で初優勝というでっかい仕事をやってのけた。

 最終18番、約6メートルの上りフックラインをど真ん中から決め、優勝を決定づけるバーディー。パターを高く掲げて、喜びを爆発させた。

 この日は7バーディーの快進撃。スコアは通算10アンダーにまで伸ばし、同組で競り合っていた和田や、詰め寄る秋吉を振り切った。

 これまでプロ2試合は、宮崎オープンが5位タイ、大分東急が13位タイ。それだけに、3戦目での頂点に「自分でも驚いている」。得意のパッティングを磨き「早くシード選手になりたい」と次の目標を見据えた。 

 

※4月8日の新聞紙面ではベストアマや他選手のコメントをはじめ、さらに詳しい記事を掲載しています


白潟英純
白潟英純は北九州オープン2回目の優勝

(2017/4/3掲載 ※抜粋)

 

北九州オープンゴルフトーナメント

白潟2度目V

 

 北九州市小倉南区の小倉カンツリー倶楽部(6852ヤード、パー72)で2日に開催予定だった九州サーキット熊本地震復興支援「第14回北九州オープンゴルフトーナメント」(スポーツ報知など後援)は、雨と雷の影響で中止。競技は1日で打ち切りとなり、初日単独首位の白潟英純(フリー)が2008年の5回大会(若松)以来、9年ぶり2回目の優勝を飾った。同選手は昨年9月、50歳でシニア入りして初優勝。優勝賞金160万円(約80%に減額)を獲得した。ベストアマは2アンダーの芹澤慈眼(じげん)(秀岳館3年)、林田卓也(沖学園3年)、青木尉(じょう)(秀岳館2年)の3人。なお、選手やギャラリーから寄せられた募金は、熊本地震の復興支援のために役立てられる。

 

 初日トップの白潟が「ラッキーでした」と優勝の喜びをかみしめた。初日後半、スコアを一気に5つ伸ばし、6アンダー。その後にホールアウトした選手のスコアが伸びず、そのまま逃げ切る形でトップに立った。そして、最終日は競技中止。運も味方しての頂点だった。
 最終日のスタート前、選手仲間から「優勝、おめでとう」とメールが入った。優勝と競技中止を初めて知り、驚いてゴルフ場に姿を見せると、尾家清孝大会実行委員長から握手を求められ選手仲間にも祝福された。

 昨年9月、50歳になってシニアに入り、初めての優勝。「これから一つでも多くのシニア大会に出て、上位の成績を取りたい。今季はシニア1勝と来季のシニアのシード権獲得が目標です」。次戦は「トヨタカップ」(6、7日=ザ・クラシックGC)。そこで連続優勝を目指し、シニア界にも旋風を巻き起こす。

 

※4月3日の新聞紙面ではベストアマ3選手のコメントなどさらに詳しい記事を掲載しています


慶州さくらマラソン2017
一斉にゴールを目指すランナーたち

(2017/4/2掲載 ※抜粋)

 

慶州さくらマラソン&ウォーク2017

古都の春満喫

 

 「慶州さくらマラソン&ウォーク2017」は1日、韓国・慶州市の普門湖一帯のコースで、日韓両国をはじめ約40の国と地域からおよそ1万2300人が参加して開かれた。フル、ハーフ、10キロ、5キロマラソンとウォークの10キロ、5キロの計6種目。参加者は互いに励まし合ったりして交流を深めながらゴールを目指し、古都の春を満喫した。

 

 小雨の中、フルマラソンは午前8時に号砲。続いてハーフ、10キロ、5キロマラソンと10キロ、5キロのウォークがスタートした。参加者は、寺院や古墳などの史跡がある、古都の街並みを楽しみながらゴールを目指した。

 フルマラソン男子は山口県下関市の川本晃司さん(39)が日本人トップ(全体5位)でゴールした。この大会への参加は初めて。今年は開花時期が遅く、残念ながら満開に咲き誇る桜並木の下を走ることはできなかったが、「少し咲いているところもあって、一番きついところで励まされました」。力を出し切り、満足そうな表情を見せていた。

 

※九州・山口の参加者の記録を後日、新聞紙面で掲載する予定です

 

FBSなど九州6局で29日放送

 大会の模様は「走れ!アジアの春 韓国・慶州さくらマラソン2017」として29日午前10時30分からFBSをキー局に九州6局ネットで放送する(TOSのみ30日午後4時30分から)。ハーフマラソンを走った女性4人組のボーカル&ダンス・グループ「MAX」のNANA、フルマラソンに挑戦した「10神ACTOR」の北田祥一郎、馬越琢己の激走を、慶州の観光地やグルメ情報も交えて紹介する。


(2017/2/6掲載 ※抜粋)

【山口県読売駅伝2017】

1部 山口市A 3連覇

 「山口県読売駅伝2017」(山口県、山口陸上競技協会、スポーツ報知西部本社、読売新聞社主催)は5日、萩市の市民体育館前から長門、美祢市を経由して山口市の維新公園陸上競技場まで8区間67・6キロで行われた。山口県内の郡市対抗競走で10市から13チーム(1部6、2部7)が出場。1部は山口市Aが3時間35分39秒で3大会連続優勝。2部は下関市が3時間42分58秒で優勝した。

 

■記録

▼1部 ①山口市A3時間35分39秒(阿部陽樹、雲井崚太、藤本和寿、森重恒太、島田将志、立石直人、加藤輝一、木下幸大)②光市A3時間38分41 秒③周南市3時間42分51秒④岩国市3時間45分54秒⑤美祢市3時間47分3秒⑥萩市A3時間47分29秒
【区間賞】1区(4・2キロ)菖蒲敦司(光市A)12分5 4秒、2区(4・5キロ)雲井崚太(山口市A)14分55秒、3区(7・1キロ)仲山大輝(光市A)22分56秒、4区(10・5キロ)森重恒太(山口市A)34分37秒 、5区(13・6キロ)橋本雅史(光市A)42分1秒、6区(12・9キロ)立石直人(山口市A)41分41秒、7区(6・2キロ)加藤輝一(山口市A)19分13秒、8区(8・6キロ)木下幸大(山口市A)26分31秒
▼2部 ①下関市3時間42分58秒②防府市3時間45分24秒③長門市3時間46分40秒④宇部市3時間51分10秒⑤光市B3時間51分15秒⑥山口市B3時間57分5秒⑦萩市B4時間1分42秒