(2017/12/3掲載)

島原学生駅伝

 「第35回九州学生駅伝対校選手権大会」(7区間57・8キロ)と「第17回九州学生女子駅伝対校選手権大会」(5区間22・85キロ)は2日、長崎県島原市内周回コースで行われた。32チーム(うちオープン参加8チーム)が参加した男子は日本文理大が3時間3分54秒で3年ぶり4回目の優勝。来年の出雲全日本大学選抜駅伝の出場権を手にした。16チーム(うちオープン参加5チーム)による女子は、福岡大が1時間17分40秒で4年連続7回目の頂点に輝いた。最優秀選手には、男子は山田泰史(日本文理大)、女子は高木結加(福岡大)が選ばれた。躍進賞は男子が志学館大、女子は鹿児島国際大が獲得した。

島原学生駅伝 九州学生駅伝対校選手権 男子 日本文理大 九州学連 陸上
トップでゴールし、胴上げされる日本文理大アンカーの西山容平

日本文理大 王座奪回

“序盤上級生で固める作戦”はまる

 経験値と冷静な判断力。3、4年生が序盤で作った「流れ」に乗った日本文理大が総合力で栄冠をたぐり寄せた。西村義弘監督が「4区までの3、4年生が思った以上にやってくれた。彼らの勝ちたいという執念が実った」と振り返る、会心のレースだった。

 

 焦点は、いかに第一工大の背中の見える位置で勝負出来るか。西村監督は当初、前後半バランスよく選手を起用するつもりでいた。しかし、副将の北村宙夢(3年)が中心となり選手自ら考えた配置は、序盤を経験豊富な上級生で固めるというものだった。結局、選手の案を採用し、結果的にこれがはまった。

 

 まずは1区を志願した北村が快走を見せた。トップの第一工大とは17秒差の2位。これは行ける――。チーム内に、そんなムードが生まれた。2区の与儀達朗(4年)にも「トップの背中が見えたので」と焦りはない。じわりと差を詰め、6キロ手前でとらえると、1キロ並走した後にスパート、一気にトップに躍り出た。

 

 たすきを受けた3区の松田隆宏(4年)も冷静さが光った。いったん第一工大、九州大に追いつかれたが、これは想定内。自分の方が余力があるのは分かっていた。「どこでスパートするかだけだった」。5キロ付近で仕掛け、突き放した。

 

 4区まで区間賞なしで、第一工大に1分30秒差。終盤も危なげない走りで、トップを譲ることなくゴールテープを切った。

 

男子記録上位10校(7区間57・8キロ)

①日本文理大 3時間 3分54秒

②第一工大  3時間 6分15秒

③志学館大  3時間 7分37秒

④九州大   3時間 7分50秒

⑤福岡大   3時間 7分56秒

⑥熊本大   3時間10分11秒

⑦久留米大  3時間10分39秒

⑧九州国際大 3時間11分50秒

⑨沖縄国際大 3時間16分17秒

⑩鹿児島大  3時間19分41秒 

 

島原学生駅伝 女子優勝 福岡大 九州学連 陸上
先頭でゴールテープを切る、福岡大の高木結加

福岡大 4連覇

全区間賞の圧勝劇

 福岡大のアンカーを務めた4年生の高木結加は、ゴール直前にサングラスを外すと、指を立てて4連覇を示しながら笑顔でテープを切った。大会記録の1時間17分10秒、昨年の1時間17分21秒を更新することは出来なかったとはいえ、福岡大の圧勝だった。

 

 1区の今村菜々子は2位に3秒差のトップで、2区の1年生井手彩乃にたすきをつなぐ。長崎出身の井手は、12年12月に寮の火災で亡くなった川端麻友さんの弟と同級生で、「前日にはみんなでお墓参りに。麻友さんと一緒に走りました」と起用に応えて快走。3区では新主将となった守田詩歩、最長距離4区を任された2年生の光恒悠里もさらに差を広げた。

 

 14年に3区、16年に4区で区間記録を出した高木は、最後の今大会でも区間新を狙ったが4秒足りず。「これまでで一番きつかった」と振り返ったが、2位との差をさらに広げて、後輩たちに力強い走りを見せた。

 

女子記録上位5校(5区間22・85キロ)

①福岡大   1時間17分40秒

②活水女子大 1時間22分27秒

③名桜大   1時間28分13秒

④久留米大  1時間28分51秒

⑤沖縄国際大 1時間32分57秒

 

★12月3日の新聞では男女優勝校の文の続きや上位3チームの区間記録と全チーム記録、全区間賞受賞者名や2位以下のチームの記事も掲載しています

◆テレビ放送◆

 大会の模様は「走魂九州 襷に込める青春 島原学生駅伝」として九州・沖縄の7局で録画放送される。NIB、FBS、KKT、KYT、UMKは23日午前10時30分~11時25分、TOSは午後1時~1時55分、OTVは午後3時5分~4時。地元長崎のNIBは2日の「ひるじげドン」で生中継の予定。


(2017/12/1掲載)

島原学生駅伝 2日号砲!!

 男子の「第35回九州学生駅伝対校選手権大会」は2日、長崎県島原市の島原市営陸上競技場を午前9時30分にスタート、島原文化会館をゴールに同市内を1周半する7区間57・8キロで競う。今年は32チーム(うちオープン参加8チーム)が参加。3連覇を狙う第一工大と、3年ぶりの頂点を目指す日本文理大の2強を中心に激しいレースが繰り広げられそうだ。また「第17回九州学生女子駅伝対校選手権大会」は同競技場を発着点とする5区間22・85キロに、17チーム(うちオープン参加5チーム)が参加して行われる。スタートは9時50分。4連覇を狙う福岡大の優位は動かない。2位争いは混戦ムードで、昨年2位の活水女子大などが、熱い攻防を展開しそうだ。

島原学生駅伝 九州学生駅伝対校選手権
九州の学生ランたーたちが島原路を駆け抜ける

第一工大 記録更新で決める!3連覇

【男子展望】

 やはり第一工大の力が抜けているか。10月の出雲大学駅伝で日本文理大に58秒差をつけて先着した。1区のジェフリ・ギチアが4位と好走を見せたように、外国人エースの存在は大きい。主力に故障者はいるものの、コンディションさえ整えば、大会新だった昨年の3時間3分18秒の更新も視野に入る。岩元泉監督が「全国大会は出ることで満足している部分もあるが、ここ島原は優勝しかない」と位置づける通り、選手も気を引き締めて臨む。

 

 これを追う日本文理大も底力はあるだけに、流れ次第ではチャンス十分。第一工大の背中が見えない展開になると厳しくなりそうで、いかに食らいついていけるかが焦点。西村義弘監督は「我慢して競り合いに持ち込みたい。駅伝は流れが大事。うまく流れに乗りたい」と話す。そのためにも新生の登場が待たれる。全日本駅伝の選考会1万メートルでチームトップの30分46秒88を出した山田泰史あたりが好走を見せれば、チームに勢いがつきそうだ。

 

 古豪復活を目指す福岡大、実力派ぞろいの志学館大、九州大、九州国際大、熊本大なども上位をうかがう。

 

男子歴代優勝校

〈27〉第一工大  3時間4分13秒

〈28〉第一工大  3時間4分40秒

〈29〉日本文理大 3時間5分7秒

〈30〉日本文理大 3時間3分41秒

〈31〉第一工大  3時間5分0秒

〈32〉日本文理大 3時間4分43秒

〈33〉第一工大  3時間3分24秒

〈34〉第一工大  3時間3分18秒

 

※島原市内周回コース7区間57・8キロ。26回以前は島原・雲仙周回コースなど

島原学生駅伝 九州学生女子駅伝対校選手権
昨年は福岡大が全区間1位でたすきをつないだ

福岡大の4連覇不動

【女子展望】

 福岡大の4連覇は揺るがないか。10月の全日本大学女子駅伝(仙台)は11位で昨年より順位を一つ落としたものの、今大会に出場する活水女子大に7分以上の差をつけて九州・沖縄勢の最上位だった。また11月のFUKUIスーパーレディス駅伝(福井)では実業団チームもいる中で3位。リズム良く大会を迎える。

 

 3区と4区の区間記録を持つ高木結加はラストイヤー。長い距離は後輩に任せ、アンカーで起用される見込みだ。エースの代わりに最長の4区を走る光恒悠里は福井で8キロを好走した。梶原龍士監督は「全日本は1区の流れが良くなかったけど、福井では良かった。練習を見ていても全体的に上がっている」と万全の状態だ。

 

 昨年創部し、いきなり2位に入った活水女子大は新入部員も加わり着々と戦力を整えてきている。福岡大との差を少しでも縮めて来年以降につなげたい。ほかに、2年連続3位の久留米大や全日本選考会4位の久留米工大などが上位争いに加わってきそうだ。

 

女子歴代優勝校

<9>鹿屋体大  1時間18分56秒

<10>福岡大   1時間17分10秒

<11>福岡大   1時間18分34秒

<12>鹿屋体大  1時間17分50秒

<13>鹿屋体大  1時間17分41秒

<14>福岡大   1時間17分51秒

<15>福岡大   1時間18分8秒

<16>福岡大   1時間17分21秒

※島原市内周回コース5区間22・85キロ。8回以前は島原復興アリーナコースなど

 

★12月1日の新聞では全出場選手名簿やコース図を掲載。2日は開会式の模様。3日は結果特集記事を掲載予定です


(2017/7/9掲載)

 

第21回国境マラソンIN対馬

1302人 国境の島 健脚競う

 長崎県対馬市でこの時期恒例の「第21回国境マラソンIN対馬」(実行委員会主催、スポーツ報知西部本社など後援)が2日、上対馬町の三宇田浜を発着点とするコースで開かれた。

 

 自然豊かなコースと島民のもてなしが人気の大会で島内外から1302人が参加。長崎や福岡など国内の817人に、韓国から過去最多の485人がハーフマラソン、10キロ、5・4キロ、ウォーキング(約7キロ)で健脚を競った。参加者たちは韓国との国境の風を感じながら、それぞれのペースでゴールを目指した。

 

 各部門の1位は次の通り。

 

【ハーフマラソン】◆男子◇一般 ▽39歳以下 冨高一成(福岡)1時間19分22秒 ▽40歳代 石川昌敬(福岡)1時間22分22秒 ▽50歳代 キム・ホンソク1時間35分49秒 ▽60歳以上 石田健治(福岡)1時間42分8秒 ◆女子◇一般 ▽39歳以下 吉冨博子(佐賀)1時間26分24秒 ▽40歳代 松本和恵(福岡)1時間54分23秒 ▽50歳代 宮川由香(長崎)1時間45分26秒 ▽60歳以上 イ・ヨンジャ2時間45分22秒

 

【10キロ】◆男子◇一般 ▽39歳以下 早田太一(長崎)34分7秒 ▽40歳代 松尾寛幸(長崎)38分30秒 ▽50歳代 吉村文長(熊本)39分25秒 ▽60歳以上 中野次郎(埼玉)48分39秒 ◆女子 ▽39歳以下 チョン・ウンミ1時間1分17秒 ▽40歳代 花岡洋子(福岡)43分17秒 ▽50歳代 中岡典子(福岡)55分47秒 ▽60歳以上 森田典子(福岡)1時間16分26秒

 

【5・4キロ】◆男子◇一般 ▽39歳以下 阿比留勇次(長崎)21分41秒 ▽40歳以上 井貴詞(長崎)21分36秒 ◆女子◇一般 ▽40歳以下 イ・ソンユン24分30秒 ▽40歳以上 原弘美(長崎)30分19秒

 

※新聞紙面では日本人入賞者全ての記録を掲載しています


(2017/6/7掲載)

 

壱岐サイクルフェスティバル 630人健脚競う

サイクルロード・エリート部門 白石さん2年ぶりV

 壱岐を舞台とする自転車レース「壱岐サイクルフェスティバル」(読売新聞社、スポーツ報知西部本社など主催)が4日、長崎県壱岐市で開かれた。全国から630人が参加。8~50キロの各部門で健脚を競い、613人が完走した。

 

 島内を1周する50キロのサイクルロード・エリート部門は、山口県長門市の会社員白石真悟さん(36)が2位に15秒差をつけ、1時間20分45秒で2年ぶり4回目の優勝を飾った。

 

 ほかの各部門の1位は次の通り。

 

 ★チャレンジロード◇50キロ▽エキスパート男子 岩男大輔(長崎)▽同女子 岩吉ちひろ(福岡)◇30キロ▽エキスパート男子U―19 井上創太(福岡)▽同U―39 栗屋大志(熊本)▽同U―49 木村寛(福岡)▽同U―59 塚本茂浩(同)▽同O―60 福島雄二(熊本)▽レディース 徳留春美(鹿児島)▽ジュニア 石橋彗悟(福岡)
 ★ジュニアチャレンジ◇8キロ▽ジュニアクラス2 浜田智鵬(福岡)


慶州さくらマラソン2017
一斉にゴールを目指すランナーたち

(2017/4/2掲載)

 

慶州さくらマラソン&ウォーク2017

古都の春満喫

 

 「慶州さくらマラソン&ウォーク2017」は1日、韓国・慶州市の普門湖一帯のコースで、日韓両国をはじめ約40の国と地域からおよそ1万2300人が参加して開かれた。フル、ハーフ、10キロ、5キロマラソンとウォークの10キロ、5キロの計6種目。参加者は互いに励まし合ったりして交流を深めながらゴールを目指し、古都の春を満喫した。

 

 小雨の中、フルマラソンは午前8時に号砲。続いてハーフ、10キロ、5キロマラソンと10キロ、5キロのウォークがスタートした。参加者は、寺院や古墳などの史跡がある、古都の街並みを楽しみながらゴールを目指した。

 

 フルマラソン男子は山口県下関市の川本晃司さん(39)が日本人トップ(全体5位)でゴールした。この大会への参加は初めて。今年は開花時期が遅く、残念ながら満開に咲き誇る桜並木の下を走ることはできなかったが、「少し咲いているところもあって、一番きついところで励まされました」。力を出し切り、満足そうな表情を見せていた。

 

FBSなど九州6局で29日放送

 大会の模様は「走れ!アジアの春 韓国・慶州さくらマラソン2017」として29日午前10時30分からFBSをキー局に九州6局ネットで放送する(TOSのみ30日午後4時30分から)。ハーフマラソンを走った女性4人組のボーカル&ダンス・グループ「MAX」のNANA、フルマラソンに挑戦した「10神ACTOR」の北田祥一郎、馬越琢己の激走を、慶州の観光地やグルメ情報も交えて紹介する。


(2017/2/6掲載)

 

山口県読売駅伝2017

1部 山口市A 3連覇

 「山口県読売駅伝2017」(山口県、山口陸上競技協会、スポーツ報知西部本社、読売新聞社主催)は5日、萩市の市民体育館前から長門、美祢市を経由して山口市の維新公園陸上競技場まで8区間67・6キロで行われた。山口県内の郡市対抗競走で10市から13チーム(1部6、2部7)が出場。1部は山口市Aが3時間35分39秒で3大会連続優勝。2部は下関市が3時間42分58秒で優勝した。

 

■記録

▼1部 ①山口市A3時間35分39秒(阿部陽樹、雲井崚太、藤本和寿、森重恒太、島田将志、立石直人、加藤輝一、木下幸大)②光市A3時間38分41 秒③周南市3時間42分51秒④岩国市3時間45分54秒⑤美祢市3時間47分3秒⑥萩市A3時間47分29秒
【区間賞】1区(4・2キロ)菖蒲敦司(光市A)12分5 4秒、2区(4・5キロ)雲井崚太(山口市A)14分55秒、3区(7・1キロ)仲山大輝(光市A)22分56秒、4区(10・5キロ)森重恒太(山口市A)34分37秒 、5区(13・6キロ)橋本雅史(光市A)42分1秒、6区(12・9キロ)立石直人(山口市A)41分41秒、7区(6・2キロ)加藤輝一(山口市A)19分13秒、8区(8・6キロ)木下幸大(山口市A)26分31秒
▼2部 ①下関市3時間42分58秒②防府市3時間45分24秒③長門市3時間46分40秒④宇部市3時間51分10秒⑤光市B3時間51分15秒⑥山口市B3時間57分5秒⑦萩市B4時間1分42秒