【エンタメ】10神ACTOR・関岡マーク 夢にまでみた初の個展

関岡マークの描いた作品。その時その時の感情が反映されている

10人最後のライブもお楽しみに

 9月5、6日に、福岡市中央区の「よしもと福岡 大和証券/CONNECT劇場」での開催が決まった僕らのワンマンライブ「君に贈るBye Bye ―Final―」。九州ツアーなどが中止となってとても悔しかったので、楽しみが大きいです。約半年ぶりのライブ。すでに緊張とワクワク感に包まれています。

 10神ACTORの曲を忘れないように、振り付けと歌詞を毎日全曲1時間ほど歌って踊るようにしています。体力が落ちないように2日に一回はランニングや筋力トレーニングも心がけています。

 このライブを最後に、メンバーの坂田隆一郎の卒業が決まっており、この10人での最後のライブになります。ファンの皆さんにとっても特別なライブです。メンバーでライブの構成を一緒に考え、来てくださるファンのみんなに満足してもらえるように準備していますので、お楽しみに。

個展のテーマは「SUNSET」

 さて、個人的には6年前から夢見ていた個展を開催することが決まりました。これまで描いてきた作品をたくさんの人に見てもらうありがたみをすごく感じています。関岡マークとはどんな人間なのか、何を表現をしようとしているのか。ステージだけではなく、作品でも知っていただけたらうれしいです。

 高校、大学と美術を専門に学びました。たくさん作品を制作しました。色んな展覧会に出品したり、卒業制作などで展示した経験はありますが、個展は今回が初めてです。

 学生の時に比べ、作品制作への姿勢や意志は大きく変わったと思います。10神ACTORとして活動を始めてからは、1人のエンターテイナーとして人々に何かを伝えたい、感じてもらいたいという気持ちが強くなりました。

 どういうことかと言えば、絵を描く時、自分の感情を筆に乗せてキャンバスに走らせていくイメージです。楽しい時、寂しい時、うれしい時。その時、その時の感情によって、完成する作品はまったく違ってきます。自分でもそこが面白いなと思っています。

 個展のテーマは「SUNSET」。4年前からずっと描いてきた夕日を一つの空間に飾ってもらえることを楽しみにしています。僕が出会ってきた夕日をみなさんに見てもらい、何かを感じてもらいたいです。夕日以外にも10神ACTORの活動の中で描いた作品も何点か展示することになっています。ぜひ、会場にお越しください。

(2020/7/26紙面掲載)

個展8月3日から

 関岡マーク初の個展となる<Mark Sekioka Exhibition「SUNSET」>は8月3日から16日まで、福岡市中央区の「CARBON COFFEE」で開かれる。

10神ACTORのコラム「10神10色」は第2、4日曜の掲載です。次回は8月9日です

関連記事

過去記事(月別)

ページ上部へ戻る