【エンタメ】10神ACTOR・坂田隆一郎 泣いて笑って感無量の卒業ライブ

ラストライブでメンバーと一緒に(下段右から2人目が筆者)

精いっぱい楽しんだ6年間-さらなる高みへ

 みなさんどうも! 坂田隆一郎です。

 僕は9月6日に、約6年間やってきた10神ACTORを脱退しました。そのラストライブが5、6日に昼夜、全4公演ありました。

 最高のステージを見せるため、みんなでしっかり準備してきました。リハーサルでは、すごく切ない気持ちにもなりました。鏡越しに歌ったり踊ったり楽しんでいるメンバーたち。この姿を、もう見られなくなるのか。そんなことを思い、光景を目に焼き付けていました。

 ライブ当日、台風10号の接近で開催が心配されましたが、無事幕が上がりました。最初の曲は「chase your dream」。この時すでに、目をウルウルさせながら歌っていました。自分で作ったセットリストのせいで、最初っから感動することになるとは…。

「自分信じ止まらず進めば明かりが差す」

 僕たちのデビュー曲で、「自分信じ止まらず進めば明かりが差す」という歌詞があります。自分で歌っていて前向きになれるし、メンバーも僕に向けて歌ってくれたりして、涙腺が壊れそうになりました。

 卒業したメンバーがサプライズで登場して驚かされたりして、ライブ中は泣いたり笑ったりの連続でした。一曲一曲これで最後だと、本当に思いを込めて歌うことが出来ました。観てくれた皆さんに思いが伝わっていたらうれしいです。

 10人でステージに立つことはなくなります。寂しい思いもありますが、悔いなく、精いっぱい楽しむことができました! 6年間、10神ACTORの坂田隆一郎を応援していただき、本当にありがとうございました。

ファンのみなさまに感謝

 最初はステージで歌ったり踊ったりするのは得意ではなかったのですが、今ではステージ大好き人間になりました。これからもステージに立って、テレビなどでも、みなさんの前で成長した姿を見せていきたいと思います。

 手紙やSNSでメッセージやコメントをくれたり、街中で声をかけてくれたり、ライブイベントに来てくれて直接思いを伝えてくれたり、本当にファンのみなさまには感謝の気持ちでいっぱいです。どうか僕が脱退した後の10神ACTORも、僕のことも、これからも変わらず応援していただけるとうれしいです。

 一番好きな「栄光の明日へ」の歌詞にある「高く飛んで今、越えて行こう。ここから動き出すのさ」。その思いを胸に、ここから駆け上がっていく坂田隆一郎をどうか見守っていてください。

(2020/9/13紙面掲載)

10神ACTORのコラム「10神10色」は第2、4日曜の掲載です。次回は27日です

関連記事

過去記事(月別)

ページ上部へ戻る