【エンタメ】10神ACTOR 2月27日ラストライブ メンバーの心境②岡進太郎、北田祥一郎、MOTO

 2月27日のラストライブを最後に解散する10神ACTOR。当コラムも残り2回となりました。9人のメンバーが、最後のメッセージとして現在の心境をつづる2回目。今回は岡進太郎、北田祥一郎、MOTOです。


岡進太郎 音楽に恩返しを

 終わりは始まり

 岡進太郎です。いつも10神ACTORの応援、そしてこの記事を手にとっていただきありがとうございます。2月27日のラストライブをもって僕たちは解散しますが、僕は『終わりは始まり』だと、転機なんだととらえてます。

 6年間の活動で得たことや経験、そして記憶が解散するわけではないからです。だからこそ僕はこの「10活」を通して得たラップ・楽曲制作を突き詰めていきます。

 マインドや性格、情熱や開拓心、自分の作品を届けたいという思いは変わらない。僕自身がそうであったように音楽というものに何度も助けられました。

 だからこのHip‐Hopというシーンに恩返しを。僕と同じような思いをしている方の耳に届く音楽を。加えて全くラップに興味がない、知らないという方々にも少しでも興味を持って欲しい。

 僕はこの武器を持って前進しますが、他のメンバーも違う武器を手にエンタメを追求します。

 LastLiveもこの先も楽しみになってきましたぞ!!!


北田祥一郎 人の思いは届く

 北田祥一郎です。今までこのコラム『10神10色』を読んでいただきありがとうございました。自分の書いた文章が新聞に掲載されるってことがうれしかったかったです。また、北田祥一郎として、またいつかどこかで、このようなコラムを書かせていただけるように努力していきます。

 この6年間で学んだことは“人の思いは届く”ということです。思い続ければ叶い、思いが途切れると叶わない。当たり前のことですが、そう改めて実感できました。

 始まりがあれば終わりもある。しっかり地に足つけ、努力を怠らず、エンタメの力を信じて、僕は僕の道を歩きます。いや走っていきます。

 最後にいつも応援してくれてありがとうございます。あなたがいたからここまでやって来れたよ。これからも並走お願いします!


MOTO 別々の夢叶える

 MOTOです。今はタイにいます。僕は4年間、10神ACTORとして活動してきました。最初は日本語が分からなかったのですが、メンバー、ファンのみなさんに助けてもらい、日本でたくさんの経験をすることが出来ました。

 僕にとって10神ACTORは仕事というだけでなく、ファミリーです。みなさんいつもサポートしてくれて本当にありがとう。

 たくさん伝えたいことがあるけど、「ありがとう」の気持ちしかありません。

 本当にありがとうございました。これからは別々の夢を叶えます。

 みなさん、愛してます。

(2021/1/31紙面掲載)

関連記事

過去記事(月別)

ページ上部へ戻る