10神ACTORコラム「10神10色」

(2019/11/10紙面掲載)

 松島勇之介 

「ハイキュー!!飛翔」全33公演 走り抜きます!

10神ACTOR 松島勇之介
「ハイキュー!!飛翔」稽古中のひとコマ

バレー漫画が原作

 こんにちは。松島勇之介です。僕は今、1日から始まったハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!飛翔」に、宮侑という役で出演しています。

 

 週刊少年ジャンプで連載中の「ハイキュー!!」が原作。高校のバレーボール部を舞台にした作品で、発行部数3400万部を超える名作です。この舞台でも初演から4年間の思いが受け継がれています。今まで携わってこられた方々、愛し応援してくださっている方々の思いも一緒に、来場いただいたみなさんに届けられたらなと思います。

 

 春の高校バレー全国大会で宮城県代表の座をつかんだ烏野高校を中心に物語は展開します。天才セッター・影山飛雄、チーム一の長身・月島蛍ら個性的な面々が、全国のライバル校にどう挑んでいくのかが見どころです。今回は烏野高校のキャストが新しくなりました。前回までとは違う刺激や、感動が必ずあります。

 

強豪・東福岡高校出身

 そんな中、僕が演じるのはライバル・稲荷崎高校のセッター宮侑です。高校No1セッターと言われています。僕が通っていた東福岡高校のバレー部は、春の高校バレーで全国優勝したことがあり、役を頂いた時、勝手に共通点のようなものを感じてうれしくなっていました。バレー部に所属していたわけではないのですが…。

 

 もちろん、バレーボール選手を演じるからには、競技ができないと話にならないので、稽古が終わった後にトスの練習をしたりしています。これが面白くって、いつのまにかハマっていました(笑)

 

 小学生の頃から野球しかしてこなかった僕ですが、不思議な懐かしさと、未知の球技を心から好きになれた喜びを感じています。正直、稽古が終わらなければいいのにと思っていました。

 

 全33公演、けがなく走り抜きます。バレーの試合を再現するほか、芝居やダンス、プロジェクションマッピングなど、見どころいっぱいです。もし、興味を持っていただけた方がいれば、ぜひ劇場に足を運んでください。お待ちしています。

 

 ◆メモ 東京で始まったハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!飛翔」は現在、大阪で公演中。16日まで。22日からの宮城公演の後、12月に再び東京で凱旋公演がある。

「10神10色」は第2、第4日曜の紙面掲載。次回は11月24日です