【注目テレビ番組紹介】一通のメールから生まれた奇跡の物語/天国からのラブソング

FBS福岡放送 3月15日15:00~16:55(BS日テレ 20日19:00~20:54)

 FBS福岡放送は、開局50周年スペシャルドラマ「天国からのラブソング」を15日、午後3時から4時55分(BS日テレは20日午後7時から8時54分)まで放送する。視聴者の願いを叶えてくれる番組に届いた一通のメールから、とんでもない奇跡を巻き起こすことに…。感動の物語を豪華キャストで描いている。

亡祖父・浩(イッセー尾形)とのセッションを実現した孫の天星(濱田龍臣)ⓒFBS

FBS開局50周年スペシャルドラマ

 ドラマ制作のきっかけとなったのは、同局放送中の深夜番組「ナンデモ特命係 発見らくちゃく!」に届いた高校生・光井天星君のメールから。番組は、生前の祖父のことを調べるうちに、家族へ向けた愛の深さに気づいた天星君が「音楽が大好きだった亡祖父とギターでセッションが出来ないだろうか」と考え始める内容だった。番組放送後に大きな反響があったことから、オール福岡ロケを敢行、開局50周年のスペシャルドラマとなった。

 ドラマでは、同じクラスの子に恋する光井天星(濱田龍臣)が番組に「文化祭を盛り上げてほしい」と依頼する。番組ディレクターの藤谷(吉岡秀隆)と出会うことで、文化祭を盛り上げる方法ではなく、何も知らなかった祖父・浩(イッセー尾形)の過去を調べていくことに-。

 奇想天外で常に周囲を驚かせていた浩。墓参りで楽器を演奏したり、孫の修学旅行にまでついてきて写真を撮ったり、と。周りからいつも笑われる祖父を天星は恥ずかしくうざいと思っていた。その祖父は2年前に他界した。

視聴者の願いを叶える番組に応募した天星と相談を受ける番組ディレクター(吉岡秀隆)ⓒFBS

大反響受け“オール福岡ロケ”敢行

 浩は、自分が死んだ後、ひとり残される妻のために未来のラブレターを書き続け、それを部屋のあちこちに隠していた。一方、孫の天星は、自分の殻を破るために、音楽好きだった亡き祖父と生前何度も誘われたギターでのセッションを望む。なぜ、生きている時に、もっとじいちゃんに優しくできなかったのか-。

 濱田は「じいちゃんの残したギターと出会い、成長していく姿を丁寧に演じたい」。イッセー尾形は「音楽は天国から降り注いだり、地上から舞い上がったり出来るのですね」とコメントを寄せた。

関連記事

過去記事(月別)

ページ上部へ戻る