【注目テレビ番組紹介】24時間テレビ43 愛は地球を救う 福岡は23日早朝に全国中継

テーマは「動く」

 夏恒例の日本テレビ系のチャリティー番組「24時間テレビ43 愛は地球を救う」は22日午後6時30分にスタート、翌23日午後8時54分まで放送される。今回のテーマは「動く」。コロナ禍の影響で、止まってしまった「日常」を、形を変えながら新しい一歩を踏み出していく姿を様々なエピソードを交えて伝えていく。FBS福岡放送制作の見どころを紹介しよう。

MCを務める松井礼明(左)、遠野愛(右)両アナウンサー

マリンワールドのゴマフアザラシ登場

 FBS福岡放送では、松井礼明アナと遠野愛アナがMCを務め、タレントの中澤裕子とものまね芸人の原口あきまさがスタジオゲストとして登場する。

 福岡からの全国中継は23日の早朝5時台。福岡・マリンワールドで人気者のゴマフアザラシのクーちゃんが登場する。ガラスに向かって直進してくる「クーちゃん」が水槽にぶつかる直前で華麗にターンし、泳ぎ去る姿=下写真=を中継。その様子を国技館から見守る4人のアナウンサー(徳光和夫、羽鳥慎一、藤井貴彦、桝太一)のうち1人がくじ引きで選ばれて、初見で実況をする。

全国のパフォーマー紹介

 午前11時24分からは、サンシャイン池崎をゲストに、全国で活躍するパフォーマーを紹介する。漁師のピアニストやバーテンダーアーティストなどが登場し、スゴ技を披露する。また、「皆さんに癒しを届けたい」という思いから、コンクリートにチョークで風景画を描く久留米市の住職が制作しているところを中継する。

 他に「ナンデモ特命係 発見らくちゃく!」で大きな反響と涙を生んだストーリー「大阪に行きたい…難病女性の切なる願い」や、コロナ禍で外に出られない犬の「ボヤキ」を筑後弁で吹き込んだ動画にまつわる話などを紹介する。

(2020/8/21紙面掲載)


《募金はスマホ決済も可》

 医療従事者の方への支援や災害復興支援など、様々な分野に活用されている。今年は特に「キャッシュレス募金」を推奨している。これまでも可能だったクレジットカードなどに加え、新たにスマートフォン決済も利用できる。放送当日の福岡県内での募金箱受取所は、大丸福岡天神店エルガーラ・パサージュ広場と北九州小倉駅前アイムの2か所に設置している。

関連記事

過去記事(月別)

ページ上部へ戻る