【競輪】清水裕友&佐藤慎太郎 S班2人がシリーズ盛り上げる/久留米G3中野カップ26日開幕

久留米競輪G3「開設72周年記念・第27回中野カップレース 6月26~29日<9車立て12R制>

 久留米競輪のG3「開設72周年記念・第27回中野カップレース」は26日からの4日間で開催される。全国8ブロックから強豪が集結するが、特に注目されるのは輪界最高峰に位置するS級S班。今回は昨年大会覇者の清水裕友、ベテランの味が光る佐藤慎太郎の2選手が、シリーズを大いに盛り上げる。

大会連覇を狙うパワフル清水

清水裕友 突破力は一級品!パワー勝負で大会連覇だ

 昨年大会の決勝では先行した松浦悠士を直線で差してV。松浦を2着に残し、中国ゴールデンタッグのワンツーとうれしさ倍増の結果を出した。今年は松浦はいないが、自力勝負でも突破力は一級品。パワー勝負で大会連覇を目指す。

 今年の流れも良く、出場したグレードレースはG1 3大会を含めて全優出。3月の松阪ウィナーズカップでは松浦の番手を回ってG2優勝に成功している。直前の高松宮記念杯決勝は5着。松浦の先行で絶好の展開かと思われたが、山崎賢人、吉田拓矢の猛攻に沈んだ。悔しい思いをしたが、獲得賞金はすでに6000万円に届く勢いで、グランプリ出場に当確ランプがともりつつある。

 高松宮記念杯時点で調子の面は「あまり上がっていない」とのことだが、あくまでも松浦、郡司浩平との比較も入ってのこと。今回もS級上位の自力型からさらに一戦を画すパワーで、清水らしさを見せる。

バンクの内外でファンを楽しませる佐藤

佐藤慎太郎 19年GP覇者 切れある脚とセリフでファン魅了

 2019年のグランプリ覇者は、いまだ健在。今年も5月の日本選手権、高松宮記念杯でG1決勝に乗り、賞金ランキングは4800万円をこえて4位。3年連続のグランプリ出場が早くも有力となっている。

 マーク戦を主体にハンドルさばきも俊敏ながら差し脚も切れる。小松崎大地に乗って1着を取った前回準決など、最終直線で輝きを増す。今回は北日本に絶対的な自力型が不在。そこは抜群の調整力で東日本全体に目標を求め、勝てる位置をキープするだろう。

 久留米は出走回数が意外に少ないが、16年2月の全日本選抜で渡辺一成に続いてG1準優勝の好成績を残している。今回も1着を取ったときに出る、パフォーマンス、切れのあるセリフで綴られたファンへのアピールを楽しみにしたい。

(2021/6/24紙面掲載)

関連記事

過去記事(月別)

ページ上部へ戻る