久留米競輪GⅢ中野カップレース

(2019/6/26紙面掲載)

久留米競輪 第25回中野カップレース 6月27-30日

地元勢 エース・坂本と好調・田中に注目

 久留米競輪のGⅢ「開設70周年記念・第25回中野カップレース」は27日に4日間シリーズが幕を開ける。九州には中川誠一郎、山崎賢人の2強がいるが、地元勢も忘れてはならない。65周年の覇者である坂本亮馬、近況好調の田中誠をピックアップする。

坂本亮馬 競輪
2度目の地元記念Vを目指して疾走する坂本亮馬

地元記念Vをもう一度

坂本 亮馬(さかもと・りょうま)

34歳・福岡

 

 2014年6月に中川誠一郎の番手を回って初の地元記念Vを手にした。あの感動をもう一度味わいたい。そんな気持ちで今回も臨む。

 

 今年は手負いの印象もある。昨年末にひざを痛め、2月末の復帰までに2か月以上の時間を要した。だが、FⅠ、記念では人気を背負った場面で追い込み中心の鋭い動きを見せて、復活ムードを見せている。今年はV0ながら、FⅠに限れば5回中4回の優出と一定の成果を挙げている。

 

 最近はGⅠに連続出場して予選敗退に終わっていても、修正力は並大抵ではない。可能な限り地元記念に向け、脚を作り上げて来る。

<近況5場所成績>

6月岸和田GⅠ 5858

4月松戸GⅠ 867

4月広島FⅠ ②3④

4月高知GⅢ 2891

4月松山FⅠ ①3⑤

★坂本亮馬 能力チャート★
★坂本亮馬 能力チャート★

田中誠 競輪
最近の好走が目立つ田中誠が地元で大暴れ

高いプロ意識 不屈の男

田中 誠(たなか・まこと)

35歳・福岡

 

 不屈の男は好調だ。今年は落車が3回と決して万全とは思えない。特に先々月は2場所連続で転倒して、松戸日本選手権でも大きな成果は得られなかった。

 

 だが、頑丈なボデーは立て直しも早く、現在はFⅠで3連続の優出。2場所前の岸和田決勝では上田尭弥に乗って1着。2013年7月の岐阜以来、約6年ぶりとなるS級優勝に成功した。

 

 地元バンクでも他場と変わらず平常心。「車券を買ってくれるお客さんからしたら、どんなグレード、勝ち上がりも関係ない。僕は目の前の一走でやれることに力を出し切るだけ」ときっぱり。プロの走りを見せる。

<近況5場所成績>

6月向日町FⅠ ②2④

5月岸和田FⅠ ⑥1①

5月富山FⅠ ③3④

5月松戸GⅠ 63落2

4月川崎GⅢ 落途中欠

★田中誠 能力チャート★
★田中誠 能力チャート★