エンタメ

(2019/2/7紙面掲載)

首都圏女子大生アイドルグループ

カレッジ・コスモス

来月6日デビュー

カレッジ・コスモス collegecosmos 舩田美子 伊藤舞
カレッジ・コスモスの舩田美子(左)と伊藤舞

舩田、伊藤が来福

 首都圏の現役女子大生でつくるアイドルグループ「カレッジ・コスモス」のデビューシングル「夢は意地悪/言葉の水を濾過したい/記号なんかじゃない私たちは」(トリプルA面)が3月6日、発売される。24人のメンバーのうち、舩田美子(みこ)=青山学院大=と伊藤舞=玉川大=がこのほど来福、デビュー曲をPRした。

 

 「カレッジ・コスモス」は昨年10月に結成。カントリー・ガールズの山木梨沙(慶応大)と松井まり(中央大)がダブルセンターを務めている。デビューに向け、現在、メンバーが全国を回ってキャンペーンを展開しており、リード曲の「夢は意地悪」は卓球Tリーグの「木下マイスター東京」「木下アビエル神奈川」の公式応援ソングにも採用されている。

 

「九州でも応援してね」

 舩田、伊藤の2人は4日、「言葉の水を――」の衣装で福岡市のスポーツ報知西部本社に来社。

 

 舩田は「記号――」について「アップテンポでカッコイイ曲。ダンスにも注目してください」。一方、伊藤は「『夢は意地悪』は夢に向かって頑張っている人への応援ソング。そうした人たちに是非聴いてもらえれば」。グループの夢は単独コンサート。実現に向けての第一歩となるデビューに2人は「これをきっかけに福岡をはじめ九州の人たちにも応援していただきたい」と話している。