ゴルフ

(2017/10/24掲載)

アサヒ緑健カップ 第19回TVQシニアオープンゴルフ

渡辺 3人プレーオフ制した

 アサヒ緑健カップ「第19回TVQシニアオープンゴルフ」(スポーツ報知西部本社後援)最終日は22日、福岡県久山町の久山カントリー倶楽部(6065ヤード、パー70)で行われた。プロ45人、アマ79人の計124人が出場。首位に3人が並ぶ大混戦となり、渡辺司(60)=セガサミーHD=がプレーオフを制し17回大会以来、2年ぶり2度目の優勝を飾った。8アンダーの三好隆(66)=タニヤゴルフ=、久保勝美(54)=高根CC=はプレーオフで敗れた。ベストアマは福岡県大野城市の村上義春さん(65)=皐月GC=が初受賞した。

渡辺司
逆転優勝した渡辺司

同一週2度快挙

 渡辺司が大混戦の首位争いを逆転で制し、17、18日の「ユニデングランドシニア」に続く、同一週に2度優勝の快挙を成し遂げた。

 

 ドラマの最終章は18番(365ヤード、パー4)から始まった。首位を1打差で追う渡辺は、セカンドをピンそば20センチにつけてバーディー。これで三好、久保に並び、勝負の行方はプレーオフにもつれこんだ。

 

 その1ホール目。渡辺はピン手前3メートル、久保はピンの右横3メートルのバーディーチャンスを迎えた。三好はパーセーブがやっとで、優勝の行方は2人に絞られた。

渡辺司
渡辺司はティーショットがさえた

他界藤池プロへ

 まず、打ったのは渡辺。「距離を合わせて、膨らませて打とう」。右から大きく弧を描いたボールは、最後の一転びでカップに吸い込まれた。続く久保がパットを外した瞬間に、勝負が決まった。

 

 大会前、今年2月に他界した藤池昇龍プロのお別れの会に足を運び「藤池さんの分も一生懸命頑張りますから」と誓った。劇的な幕切れに、渡辺は「今は最高に幸せな気持ちです」と笑顔を見せた。


【最終成績】

-8①渡辺  司132(65、67)

  ②久保 勝美132(68、64)

  ②三好  隆132(66、66)

-7④水巻 善典133(65、68)

  ④清水 洋一133(64、69)

-6⑥白潟 英純134(70、64)

  ⑥米山  剛134(67、67)

-5⑧鈴木  亨135(67、68)

  ⑧小溝 高夫135(65、70)

  ⑧白浜 育男135(65、70)

-4⑪平石 武則136(68、68)

  ⑪萩原 浩一136(67、69)

  ⑪崎山 武志136(64、72)

+5〈34〉※村上義春145(75、70)

※はアマ


村上義春さん
ベストアマの村上義春さん

村上さん アマ初頂点

 出場10回目の村上義春さんがアマの頂点に立った。5オーバーで総合成績は34位。強風にもかかわらず、初日のスコアをそのままキープしたのが大きかった。

 

 見せ場は13番(342ヤード、パー4)。残り40ヤードのセカンドが、そのまま入ってチップインイーグルになった。「ラッキーがありました。きょうはショットが安定し、苦手だった1ピン以内のパットも、ことごとく入りました。初めてのベストアマで本当にうれしいです」と喜んだ。

 

※新聞紙面ではその他選手のコメントなどさらに詳しく掲載しています