(2018/4/2掲載)

第15回北九州オープンゴルフトーナメント

驚異のバーディーラッシュ 秋吉初優勝

 九州サーキット「第15回北九州オープンゴルフトーナメント」(スポーツ報知など後援)は1日、北九州市門司区の門司ゴルフ倶楽部(6750ヤード、パー72)で、予選通過のプロ65人とアマ59人による決勝が行われた。賞金ランク43位の秋吉翔太(27)(ホームテック)が9バーディー、2ボギーとスコアを伸ばし、通算10アンダーで初優勝。優勝賞金300万円を手にした。ベストアマは1アンダーの横田竜成(20)(フェニックスGA)が逆転で制した。

秋吉翔太

家族の応援が力に

 秋吉が驚異のバーディーラッシュで初優勝を飾った。首位と1打差の5位タイで迎えた決勝。「ノーボギーで上がろう」と言い聞かせてスタートするや、1番から4番、8番から11番へ2度の4連続バーディー。あっという間にスコアを8つ伸ばしてトップに躍り出た。終盤は2ボギーがあったものの、余裕たっぷりの戦いぶりだった。

 

 11番(225ヤード、パー3)では、ラフからパターで打った10メートル強が入り勝利を確信したという。「ショットはずっと良かったしパターもいい感じでした。開幕戦へ自信がつきました」

 

 静香夫人(26)と1歳3か月の長男湊斗君の応援も背中を押した。「子供の前で優勝できたことが本当にうれしい。これから一般ツアーでも優勝できるように、もっと頑張らなきゃいけない」

 

 ドライバー飛距離290ヤード。これからツアー初シードで羽ばたこうとする北九州市在住の星が、優勝盾と息子を両手に抱いて最高の笑顔を見せた。(松永康弘)

初出場・横田 ベストアマ

 初出場の横田がアマの頂点に立った。イーブンで迎えた最終18番(180ヤード、パー3)。12メートルの下りフックラインをねじ込みバーディー。前半はスコアが伸びず耐えるゴルフだったが、インに入ってスコアを2つ伸ばし接戦を制した。仙台市出身。米国留学を経て昨年10月から宮崎市のフェニックスゴルフアカデミーでプロを目指している。ドライバー飛距離は約290ヤードで得意はアイアン。「パターが良かった。もっと強くなって、こいつは違うなと思われる個性的なプロになりたい」と笑顔を見せた。

 

※4月2日の新聞紙面では上位入賞者の成績も掲載しています