陸上・自転車

(2017/6/7掲載)

 

壱岐サイクルフェスティバル 630人健脚競う

サイクルロード・エリート部門 白石さん2年ぶりV

 壱岐を舞台とする自転車レース「壱岐サイクルフェスティバル」(読売新聞社、スポーツ報知西部本社など主催)が4日、長崎県壱岐市で開かれた。全国から630人が参加。8~50キロの各部門で健脚を競い、613人が完走した。

 

 島内を1周する50キロのサイクルロード・エリート部門は、山口県長門市の会社員白石真悟さん(36)が2位に15秒差をつけ、1時間20分45秒で2年ぶり4回目の優勝を飾った。

 

 ほかの各部門の1位は次の通り。

 

 ★チャレンジロード◇50キロ▽エキスパート男子 岩男大輔(長崎)▽同女子 岩吉ちひろ(福岡)◇30キロ▽エキスパート男子U―19 井上創太(福岡)▽同U―39 栗屋大志(熊本)▽同U―49 木村寛(福岡)▽同U―59 塚本茂浩(同)▽同O―60 福島雄二(熊本)▽レディース 徳留春美(鹿児島)▽ジュニア 石橋彗悟(福岡)
 ★ジュニアチャレンジ◇8キロ▽ジュニアクラス2 浜田智鵬(福岡)