(2017/7/9掲載)

 

第21回国境マラソンIN対馬

1302人 国境の島 健脚競う

 長崎県対馬市でこの時期恒例の「第21回国境マラソンIN対馬」(実行委員会主催、スポーツ報知西部本社など後援)が2日、上対馬町の三宇田浜を発着点とするコースで開かれた。

 

 自然豊かなコースと島民のもてなしが人気の大会で島内外から1302人が参加。長崎や福岡など国内の817人に、韓国から過去最多の485人がハーフマラソン、10キロ、5・4キロ、ウォーキング(約7キロ)で健脚を競った。参加者たちは韓国との国境の風を感じながら、それぞれのペースでゴールを目指した。

 

 各部門の1位は次の通り。

 

【ハーフマラソン】◆男子◇一般 ▽39歳以下 冨高一成(福岡)1時間19分22秒 ▽40歳代 石川昌敬(福岡)1時間22分22秒 ▽50歳代 キム・ホンソク1時間35分49秒 ▽60歳以上 石田健治(福岡)1時間42分8秒 ◆女子◇一般 ▽39歳以下 吉冨博子(佐賀)1時間26分24秒 ▽40歳代 松本和恵(福岡)1時間54分23秒 ▽50歳代 宮川由香(長崎)1時間45分26秒 ▽60歳以上 イ・ヨンジャ2時間45分22秒

 

【10キロ】◆男子◇一般 ▽39歳以下 早田太一(長崎)34分7秒 ▽40歳代 松尾寛幸(長崎)38分30秒 ▽50歳代 吉村文長(熊本)39分25秒 ▽60歳以上 中野次郎(埼玉)48分39秒 ◆女子 ▽39歳以下 チョン・ウンミ1時間1分17秒 ▽40歳代 花岡洋子(福岡)43分17秒 ▽50歳代 中岡典子(福岡)55分47秒 ▽60歳以上 森田典子(福岡)1時間16分26秒

 

【5・4キロ】◆男子◇一般 ▽39歳以下 阿比留勇次(長崎)21分41秒 ▽40歳以上 井貴詞(長崎)21分36秒 ◆女子◇一般 ▽40歳以下 イ・ソンユン24分30秒 ▽40歳以上 原弘美(長崎)30分19秒

 

※新聞紙面では日本人入賞者全ての記録を掲載しています