陸上・自転車

(2017/7/9掲載)

 

第22回国境マラソンIN対馬

1417人 国境の島 健脚競う

 今年で22回目となった「国境マラソンIN対馬」(実行委員会主催、スポーツ報知西部本社など後援)が8日、長崎県対馬市上対馬町の三宇田浜を発着点とするコースで開かれた。

 

 島最北端を巡る起伏に富んだコースとして知られるが、長崎県内のほか、北海道や東京都、愛知県など国内から919人、隣の韓国からも498人と、過去最多となる計1417人のランナーやウォーカーが参加した。曇り空の下、ハーフマラソン、10キロ、5・4キロ、ウォーキング(約7キロ)の順にスタート。沿道の声援を受けながら健脚を競った。

 

 メインのハーフマラソンは、一般男女を年齢で各4クラスに分けて実施。男子39歳以下の部では、陸上自衛隊対馬警備隊の川崎雄哉さん(長崎)が1時間14分2秒で初優勝した。

 

 各部門の国内参加者1位は次の通り。丸数字は部門順位

 

【ハーフマラソン】

◆男子 ◇一般

▽39歳以下①川崎雄哉(長崎)1時間14分2秒 ▽40歳代①俵屋義雄(長崎)1時間21分25秒 ▽50歳代①圓山和久(福岡)1時間30分22秒 ▽60歳以上①平嶺明光(鹿児島)1時間33分39秒

◆女子 ◇一般

▽39歳以下①河口恵(福岡)1時間28分11秒 ▽40歳代②麻生愛(福岡)1時間44分19秒 ▽50歳代①宮川由香(長崎)1時間34分48秒 ▽60歳以上①吉野美津代(長崎)2時間1分19秒

 

【10キロ】

◆男子 ◇一般

▽39歳以下①早田太一(長崎)32分34秒 ▽40歳代②長澤泰輔(福岡)39分37秒 ▽50歳代①加藤一郎(千葉)43分6秒 ▽60歳以上①中野次郎(埼玉)48分39秒

◆女子 ◇一般

▽39歳以下③山崎唯(長崎)49分43秒 ▽40歳代②隈澄子(福岡)52分17秒 ▽50歳代①花岡洋子(福岡)40分34秒 ▽60歳以上①里吉マサ子(長崎)1時間4分38秒

 

【5・4キロ】

◆男子 ◇一般

▽39歳以下①岡田聖(長崎)21分7秒 ▽40歳以上①村瀬康展(長崎)21分48秒

◆女子 ◇一般

▽39歳以下①小田育美(山口)20分20秒 ▽40歳以上①原弘美(長崎)29分48秒

 

※新聞紙面では国内参加の入賞者全員の名前と記録を掲載 バックナンバーお買い求め方法