(2017/6/12掲載)

 

壱岐サイクルフェスティバル 561人健脚競う

サイクルロード・エリート部門 岩切V

 壱岐を舞台とする自転車のロードレース「壱岐サイクルフェスティバル」(読売新聞社、スポーツ報知西部本社など主催)は10日、長崎県壱岐市で行われた。全国から561人が出場、8~50キロの距離を各部門で競い、544人が完走した。

 

 島内を1周する50キロの特設コースを走るサイクルロードのエリート部門は、大分県の岩切弘輝(津末レーシング)が1時間22分4秒で優勝した。

 

 他の各部門1位は次の通り。

 

 ★チャレンジロード

◇50キロ

▽エキスパート男子 西山信広(福岡)1時間24分11秒

▽同女子 近藤ゆみ(同)1時間33分15秒

◇30キロ

▽エキスパートU―19 中村悠太(同)44分36秒

▽同U―39 岩男康司(大分)44分22秒

▽同U―49 松岡幸雄(福岡)44分22秒

▽同U―59 塚本茂浩(同)46分18秒

▽同O―60 井上好徳(同)47分38秒

▽同レディース 池田明子(佐賀)52分49秒

▽同ジュニア 福家拓(香川)46分46秒

 

★ジュニアチャレンジロード

◇8キロ

▽小学生 井上碧三(岡山)19分42秒

▽中学生 上田王牙(福岡)15分55秒

(敬称略)