レジャー情報~福岡県~

(2019/12/18紙面掲載)

奇跡のホワイトライオン世界猛獣ショー

大人も圧倒される迫力と威圧感

<木下大サーカス福岡公演 開幕まで4日>

迫力満点の世界猛獣ショー。威風堂々としたたたずまいのホワイトライオンにも注目だ(木下サーカス提供)
迫力満点の世界猛獣ショー。威風堂々としたたたずまいのホワイトライオンにも注目だ(木下サーカス提供)

大ベテランが曲芸演出

 目の前を、悠然と「百獣の王」が歩いている。その距離、最前列の席からわずか1.6メートル。大きいもので体長約2メートル、体重300キロ。あまりの迫力と威圧感に、大人でも思わず腰を引いてしまいそうになる。8頭のライオンのうち、半分の4頭が世界でも300頭ほどしかいない希少なホワイトライオン。何より驚かされるのは、その毛なみの美しさだ。

 

 もし、8頭が暴れ出したらどうなるんだろう? そんな緊張感に包まれる中、ショーを取り仕切るのは英国出身のマイケル・ハウズさん。この道30年のベテランの指示に従い、ライオンたちは巨体を揺らして、ステージ上を駆け回る。ジャンプ、輪くぐり、樽乗り…。芸が始まると、ピンと張り詰めていた空気から一転、場内は歓声に包まれる。

 

 ぜひ注目して欲しいのが、ライオンたちの表情だ。人がそうであるように、彼らも1頭1頭、性格が違う。芸を決めた後、得意げな顔をしたり、時に愛らしい表情を見せたりするから面白い。

 

 ハウズさんの指示に従順に従うライオンたち。ただその関係は「支配」ではない。「彼らは私にとってファミリーで、とてもリスペクトしている」。そんな両者の間にある信頼関係や、家族のような「温かみ」が感じられるところもショーの魅力のひとつだ。

 

2020年3月8日まで

【会場】福岡市中央区の舞鶴公園三ノ丸広場特設会場

【日程】来年3月8日まで。1月2日を除く木曜と12月31日、1月8、22日、2月5、19日は休演

【公演時間】約2時間10分(休憩20分)。月・火・水曜=①午前11時②午後1時40分、金曜・今月22日・1月1日=?

①午後1時②午後3時40分、土曜=①午前11時②午後1時40分、日曜・祝日・1月2、3日=①午前10時10分②午後1時③午後3時40分

【入場料金】大人2900円、3歳~中学生1900円。当日券は各400円増し。指定席は別途料金が必要。ローソンチケット、チケットぴあなど

【問い合わせ】公演事務局092-718-0333 >木下サーカス公式サイト