レジャー情報~福岡県~

(2019/12/22紙面掲載)

爆音さく裂!! 世紀のオートバイショー

<木下大サーカス福岡公演 きょう開幕>

危険と隣り合わせのオートバイショーを、ライダー同士の信頼関係が支える(木下サーカス提供)
危険と隣り合わせのオートバイショーを、ライダー同士の信頼関係が支える(木下サーカス提供)

エンジン音で「会話」

 耳をつんざく迫力満点の爆音が、強烈なインパクトを残す。会場には直径7メートル、総重量2.3トンの鉄製の球体「バイクホール」がライトに照らし出されて浮かんでいる。その内側を、バイクごとに色分けされた赤、緑、黄の3色の光が縦横無尽に駆け回る。その疾走感は見る者を魅了してやまない。

 

 使用するオートバイは、競技用に開発されたスズキ「RM85L」。最高速度は約50キロ。球体を1周するのに1秒もかからない。ホールの下に人が立っているのは、天地が分からなくなるライダーに、その位置を知らせるため。激突を避けるため、コース取りや減速の合図を出す役目も担う。

 

 速いものは美しい。それだけにショーは危険と隣り合わせだ。2009年からはオートバイも3台に増え、ギリギリのところですれ違う様子は、見ている方がハラハラしてしまう。息の合った演技には、ハンドルワークはもちろん、信頼関係や意思疎通が欠かせない。

 

 芸歴24年目のライダー高原謙慈さんが、「互いのコミュニケーションはエンジン音で取る」と教えてくれた。その聞こえ方で距離やスピードを測り、アクセルのふかし方で連絡を取り合うこともあるという。団員同士の強い「絆」が、スリル満点の人気演目を支えている。

 

2020年3月8日まで

【会場】福岡市中央区の舞鶴公園三ノ丸広場特設会場

【日程】来年3月8日まで。1月2日を除く木曜と12月31日、1月8、22日、2月5、19日は休演

【公演時間】約2時間10分(休憩20分)。月・火・水曜=①午前11時②午後1時40分、金曜・今月22日・1月1日=①午後1時②午後3時40分、土曜=①午前11時②午後1時40分、日曜・祝日・1月2、3日=①午前10時10分②午後1時③午後3時40分

【入場料金】大人2900円、3歳~中学生1900円。当日券は各400円増し。指定席は別途料金が必要。ローソンチケット、チケットぴあなど

【問い合わせ】公演事務局092-718-0333 >木下サーカス公式サイト