レジャー情報~熊本県~

(2019/2/28紙面掲載)

「くまもっ豚すき焼き」キャンペーン

金栗四三もびっくり!?アイデア色々

 

玉名市&和水・南関町25店

 NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の主人公・金栗四三(かなくりしそう)ゆかりの地として注目を集めている熊本県玉名市と和水町、南関町。この1市2町にある25の飲食店で、金栗にちなんだ「くまもっ豚(とん)すき焼き」が食べられるキャンペーンが行われている。

くまもっ豚すき焼き
豚肉、トマト、割り下を使用するのが「くまもっ豚すき焼き」の条件

 金栗は豚肉を自分で店に持ち込むほど、豚のすき焼きを好んだと言われている。「くまもっ豚(とん)すき焼き」は、豚肉と同地域の特産品であるトマト、割り下を使用するというのが条件。同キャンペーンでは、溶いた卵につける一般的な食べ方はもちろん、イタリアンや中華など、それぞれの店が工夫した様々な味が楽しめる。

 

 担当者は「ゆかりの地を巡ったり、温泉を楽しんだりするのと一緒に、金栗さんゆかりのグルメも味わってください」と話した。

 

 同地域では土日祝日に、玉名市の「いだてん大河ドラマ館」、和水町の「金栗四三ミュージアム」と「金栗四三生家記念館」の3つのゆかりの地を結ぶ無料シャトルバスも運行している。JR玉名駅、新玉名駅、大河ドラマ館、温泉街など玉名市内を走る無料の「周遊バス」と組み合わせると便利だ。

 

 問い合わせは熊本県観光物産課096-333-2355。