お薦めの店~福岡市東区・南区・城南区・早良区・西区~

※メニューの料金や営業時間等は紙面掲載時。変更になっている場合がありますので、ご来店の際にはそれぞれのお店にご確認ください

東区 南区 >城南区 >早良区 >西区

お薦めの店~福岡市博多区~
お薦めの店~福岡市中央区~
お薦めの店~北九州市~
お薦めの店~福岡県その他地域~


◇ 東区

(2019/3/21掲載)

焼肉なべしま ゆめタウン博多店

福岡市東区東浜1の1の1

(ゆめタウン博多店1階)

焼肉なべしま ゆめタウン博多店

3つのコースから選ぶ人気の2時間食べ放題

 九州エリアに62店(直営56、FC6)を展開する鹿児島発祥の焼き肉店。

 

 お薦めは2時間の食べ放題で、3つのコースがある。なかおちカルビが人気の「エンジョイ」は18種、やわらかいハラミを使ったなべしまカルビが味わえる「ハッピー」は23種、黒毛和牛がメインの「デリシャス」は32種。アルコール・ソフトドリンク飲み放題は4500円~6500円、同ソフトドリンクは4000円~6000円。

 

 厳選肉を味わいたい人は特選盛り合わせ=写真は大=(小3780円、大6900円)をぜひ。黒毛和牛の上ロースと上カルビ、なべしまカルビ、ホルモンのセットで満足感に浸れる。

 

 一品メニューも豊富で、サラダバーは新鮮さが常連客に大好評だ。

 

 122席。午前11時~午後10時(ランチは午後4時まで)。無休。092-632-3629

焼肉なべしま ゆめタウン博多店


(2018/5/10掲載)

とり焼肉 エイト

福岡市東区水谷2の50の1

(JR千早駅東口すぐ)

とり焼肉 エイト(福岡市東区水谷)

鮮度抜群!「朝引き鶏」 お好みの部位を追加で

 新鮮な朝引きの鶏を堪能できる店が3月にオープンした。「せせり」、「もも」「ささみ」が320円、「むね」、「レバー」、「はつ」、「すなぎも」が290円と1人前が安く設定されており、盛り合わせはメニューにない。熊谷隆太郎店長は「あえて盛り合わせを置いていません。まず1種類ずつ食べていただいて、その後に気に入ったものを追加で注文していただければ」と話す。

 

 オリジナルのタレは、しょうゆ味とみそ味がある。4種類をブレンドした特製のシオで食べると、素材の味が引き立つ。「牛肉と違って、もたれないし飽きない味です」と熊谷さん。週2回以上訪れるリピーターも多いという。

 

 「鶏刺し盛り合わせ」(590円)のほか、自家製の「鶏ハム」(390円)や「鶏出汁ラーメン」(390円)も人気メニューだ。

 

 火曜から土曜が午後6時から翌午前0時(午後11時ラストオーダー)、日曜が午後4時から午後11時(午後10時ラストオーダー)。月曜定休。カウンター8席を含む45席。092-673-0215


◇ 南区

(2019/5/1掲載)

牛肉盛り蕎麦処 名代 藤庵

そば 藤庵(福岡市南区大橋)

今の時期は冷たい「牛肉盛りそば」

 西鉄大橋駅の地下1階に4月26日にオープン。真新しい飲食店街のほぼ中央にある。

 

 コシのある極太麺の「和蕎麦」とツルッとした「平打麺」の2種。どちらも盛りそば(550円~)と牛肉盛りそば(800円~)があり、大盛り、特盛りも用意されている。

 

 お薦めは和蕎麦の牛肉盛りそば=写真=。ネギと刻みのりに甘めの牛バラ肉が乗った冷たいそばは、この季節にぴったりだ。ちゃんぽん麺ほどの麺は歯ごたえ十分で、ゴマとラー油が香るサバ節ベースのつゆは少し甘めですっきりしている。丼物もあり、池田絢店長は「おいしいそばを気軽に味わって下さい」と話している。

 

 カウンターのみ11席。午前11時~午後9時。無休。福岡市南区大橋1の5の1 092-555-2914




(2019/4/3掲載)

Bon Vinvant (ボンヴィヴァン)

Bon Vinvant 福岡市南区塩原

多彩なワインを“立ち飲み”

 多彩なワインが楽しめ、店内は常連客でにぎわう。店は「赤木酒店」の奥にあり、いわゆる「角打ち」のような立ち飲みスタイルだが、雰囲気は明るく開放的。若い女性でも気軽に入りやすい。

 

 チケット10枚(1080円)を購入するシステムで、ワイン1杯はチケット3枚~と手頃。料理は名物「いかうに」が人気で、お酒とよく合う。ベルギービールやシャンパンなど、酒類の品ぞろえも豊富だ。

 

 不定期でワインのテイスティング会も開かれている。店長の赤木雅史さんは「ワインと料理の組み合わせを楽しんでいただけたら」と話した。40席。午後5時~10時30分オーダーストップ。日祝日休み。福岡市南区塩原4の13の21 092-551-0077

 

Bon Vinvant 福岡市南区塩原


(2019/2/21掲載)

炉端と水炊き 道津

福岡市南区長住2の22の2

炉端と水炊き 道津 福岡市南区長住

昔ながらの調理法「原始焼き」

 薬院にある人気店「魚と炭焼き 道津」の姉妹店で1月にオープンした。店主の道津正也さんが「地域に愛される店にしたい」と話すように、一人でも気軽に入りやすい雰囲気だ。

 

 看板メニューは「原始焼き」。囲炉裏のような調理器具を使い、串に刺した肉や魚を中央の炭火を囲むように並べ焼いていく。炭火と素材との距離で火加減を調節する昔ながらの調理法。赤外線で、外はパリッと、中はジューシーな味わいになる。

 

 素材は旬のものを用意。「北海道キンキ」(2380円)、「銚子サバ塩」(700円)や、トロっとした食感の「鶏肝 塩胡麻油」(350円)などが人気。いずれも「原始焼き」ならではの味わいが堪能できる。

 

 もう一つのお薦めは「水炊き」(1人前1480円)。鶏ガラを5時間以上煮込んだスープは、コラーゲンたっぷり。「締めらーめん」(300円)もたまらない。

 

 カウンター10席を含め26席。午後5時~11時。不定休。092-408-1292

 

炉端と水炊き 道津 福岡市南区長住


(2018/12/13紙面掲載)

やきとり 好(よし)

福岡市南区老司2の14の19

西鉄老司バス停から徒歩2分

Dining 麒麟さん(田川市) パスタDEつけ麺

12月末までオープン特価! 焼き鳥14種が100円

 11月27日にオープンしたばかりの焼き鳥とおでんの店。食材はすべて国内産で、豚肉や牛さがり、大分産の椎茸など新鮮さが売りだ。

 

 人気は定番の豚バラや皮、軟骨入りダンゴ、うずらのベーコン巻きなど=写真=。12月末日までオープン記念特価で、14種の焼き鳥が100円。肉のうまみが存分に味わえる牛サガリは250円。

 

 こくとまろやかさが楽しめるカツオ出しベースのおでんは、寒さが増すとともに注文が増えている。甘辛い味がしみたタネはダイコン、卵、豚ナンコツ、牛スジ、ギョーザ巻きなどが好評だ。

 

 一品は、つぶしたジャガイモで辛子明太子を包み込んで揚げたポテトもち(3個入りで350円)など。

 

 店主の三好徹さん(57)は、昼は庭の剪定(せんてい)や内・外装の会社を経営、夜は焼き台の前で精を出している。焼き鳥店を経営したいという高校時代からの夢をかなえ、「お客様に好まれる味、地域の人たちに好かれる店にしたい」と張り切っている。

 

 午後6時~11時。不定休。カウンターと掘りごたつ式のテーブルで約20席。092-980-6162



(2018/11/15紙面掲載)

SANA BELLA

福岡市南区野間4の4の28

(西鉄野間4丁目バス停から徒歩1分)

SANA BELLA 福岡市南区野間

エビやホタテがゴロゴロ♪アヒージョをぜひ

 洋食とハーブティーを楽しめる店として10月20日にオープン。イタリア料理店で経験を積んだオーナーシェフの真田剛さんが、ハーブティー愛好家の真弓夫人と切り盛りするアットホームな店だ。

 

 お薦めは、オリーブオイルとガーリックの風味が人気のアヒージョ=写真=(バケット付きで950円)。エビとホタテ、彩りを添えるプチトマトやブロッコリーが入り、ワインに合う。ふわトロオムライスやシーフードドリアも人気。

 

 10種のランチメニューも充実している。ハンバーグ定食(ご飯、みそ汁付きで850円)が1番人気で、こねる手順と隠し味にこだわったハンバーグはジューシーでとろけるようだ。国産牛のステーキ定食はサーロインならではの深い味。

 

 ハーブティー(500円~)は、不老長寿のお茶とされる「ルイボス」など約30種。香りと会話を楽しみながら、食後にゆっくりと味わいたい。

 

 午前11時30分~午後5時(午後2時30分までランチタイム)、同6時30分~同11時の2部営業。月曜定休。カウンターとテーブルで18席。092-555-8241

SANA BELLA 福岡市南区野間


◇ 早良区

(2018/12/20紙面掲載)

大衆居酒屋 しょうき 西新店

福岡市早良区西新4の8の42

(福岡市営地下鉄西新駅から徒歩3分)

博多海鮮雪見鍋コース しょうき 西新店
博多海鮮雪見鍋コース

素材にこだわった本格コースが人気

 営業部マネジャーの友納良和さんが「安くておいしいものを提供したい」と話す通り、素材にこだわった本格メニューが手頃な価格で楽しめる。来年1月8日からは、さらに値下げを実施する予定だ。

 

 特にコース料理が人気。「しょうき定番コース」は、料理9品と2時間飲み放題で一人3000円。「博多海鮮雪見鍋コース」、「お刺し身付き牛タンしゃぶしゃぶコース」は、ともに3500円で、料理8品が付いて2時間飲み放題。

 

 素材も選び抜いたものばかり。魚は唐津、長浜の市場から。米は佐賀県嬉野、野菜は大分県九重町から仕入れている。午前11時30分から午後2時30分までのランチ(490円~)も好評。

 

 114席。日曜から木曜日が午後5時から翌午前0時(午後11時オーダーストップ)。金、土、祝前日が午後5時から翌午前3時(午前2時オーダーストップ)。092-407-2585

 

お刺し身付き牛タンしゃぶしゃぶコース しょうき 西新店
お刺し身付き牛タンしゃぶしゃぶコース


(2018/11/22紙面掲載)

焼き鳥 童

福岡市早良区西新4の7の21

(福岡市営地下鉄西新駅から徒歩3分)

焼き鳥 童 (西新)

お得な「おまかせ串盛り」 シメは辛麺で

 西新の人気居酒屋「童々巡り」のグループ店が9月にオープンした。

 

 焼き鳥は「おまかせ串盛り」=写真=がお薦め。5本で550円とお得。自家製の塩とミソを使用しており、炭火でていねいに焼き上げた1本1本が、ビールによく合う。一番人気は「味噌サガリ」(350円)だ。

 

 焼き鳥以外のメニューも充実しており、学生やサラリーマンに人気の「アジの活造り」は、500円とリーズナブル。店内の水槽で生かしていたものをさばくため、鮮度も抜群だ。

 

 焼き鳥、刺し身と並んで、注文が多いのが「辛麺」(700円)。辛さの中にも絶妙の甘みも感じられ、学生を中心にリピーターが増えている。スープとよく絡む自家製麺も絶品だ。他に、トマト辛麺(750円)、醤油ラーメン、味噌ラーメン(ともに650円)とメニューも多彩。もちろん、飲んだ後の〆(しめ)に持ってこいだ。

 

 午前11時30分~午後2時、午後5時30分~翌午前1時。カウンター8席含め18席。不定休。092-407-1006

 

 炉端 官兵衛(福岡市中央区渡辺通)


(2018/6/7掲載)

酒ト飯 炉人(ロマン)

福岡市早良区城西3の21の27

(福岡市営地下鉄西新駅から徒歩5分)

酒ト飯 炉人(ロマン) 福岡市早良区城西

ここでしか食べられない絶品料理の数々

 4月にオープンした和食を中心とした居酒屋。店長の井口裕章さんが「ここでしか食べられないものを出したいと考えています」と話すように、こだわったメニューが多い。

 

 特にお薦めは、「〆サバわらタタキ」(880円)、ステーキかヒレカツか自家製ミソ炒めで食べる「加藤ポーク」(980円)、カマを特製ダレで味付けした「マグロのスペアリブ」=写真=(780円)、女性に人気の「木の子と貝柱のウニソース焼き」(780円)の4品だ。

 

 1、2か月で内容が変わる「季節のオススメ」メニューも充実している。2時間飲み放題の「おまかせコース」(3500円~)もお得だ。

 

 月曜~金曜が午後5時から、土日祝日が午後4時からで、いずれも翌午前1時まで。カウンター6席を含め22席。不定休。092-834-8663


(2018/1/11掲載)

餃子屋 黄金坊

福岡市早良区城西3の21の27

(福岡市営地下鉄西新駅から徒歩5分)

 

ビールに合う「焼餃子」 午後5時~6時30分は半額!

 昨年10月にオープンした。「焼餃子」(6個280円)は、皮がパリッとして、肉汁がジューシー。ビールとの相性は抜群だ。木村幸一郎店長(

33)は「一口ギョーザではなく、食べ応えがある大きさです」と話す。

 

 何と言ってもうれしいのが午後5時~同6時30分の「ハッピーアワー」。「焼餃子」や生ビール(480円)、ハイボール(450円)が、この時間帯だけ、何と半額になるのだ。

 

 他のおつまみも充実。姉妹店「とめ手羽」で人気の「手羽唐」(5本・480円)、「牛すじ煮込み」(2本280円)などが人気を集めている。「四川マーボー豆富」(529円)など中華メニューも多彩なラインアップだ。

 

 お薦めしたいのが「レモンどっさり 黄金ハイボール」(500円)。凍らせたレモンが約1個分入っており、おかわりをする場合はグラスを交換せず「替玉」(350円)するシステムとなる。2杯、3杯と飲むにつれ、レモンが溶けて風味が濃くなっていく。

 

 午後5時~午前0時。ラストオーダー午後11時30分。カウンター6席を含め44席。月曜定休。092260-8058

餃子屋黄金坊(福岡市早良区城西) 焼餃子