お薦めの店~福岡県その他地域~

※メニューの料金や営業時間等は紙面掲載時。変更になっている場合がありますので、ご来店の際にはそれぞれのお店にご確認ください

★最新のお店はほうち楽ナビトップ

お薦めの店~福岡市博多区~
お薦めの店~福岡市中央区~
お薦めの店~福岡市東区・南区・城南区・早良区・西区~
お薦めの店~北九州市~


◇ 宗像市

(2017/6/29掲載)

和風居酒屋 華ぼたん

福岡県宗像市稲元3の2の5

(JR赤間駅から徒歩15分)

 

10年目の人気店 新鮮な魚で一杯

 今年で10年目を迎えた人気店。新鮮な魚と、田中圭さん・真奈美さん夫妻の親しみのある接客が評判だ。


 お薦めは刺し身の盛り合わせ=写真=(1566円)。仕入れは福岡市の中央卸売市場。タイやカンパチに、脂の乗ったサーモン。タコやイクラなど一つ一つが鮮度抜群だ。サーモン刺しが大好物という常連の日高啓介さんは「絶品です」と太鼓判を押す。

 

 イカとアジは宗像市の鐘崎漁港の漁師から仕入れ「活き造り」にしてくれる。ヤリイカは2484円~、アジは1080円~。ほかにタイやカンパチのあら炊き、ブリカマの炭火焼きなどもお酒によく合う。

 

 一品は約100種。豚バラなどの焼き鳥のほか、ファミリーや女性客に人気の生春巻きなどが並ぶ。ランチも一口サイズの刺し身8種が乗った漁師丼定食(1080円)など約10種用意。


 午前11時30分~午後2時30分、同5時30分~翌午前1時の2部営業。約120席。木曜定休。0940-
72-7484



(2017/4/13掲載)

焼肉 さつま

福岡県宗像市日の里1の9の15
JR東郷駅から徒歩2分

 

 3月にオープンしたばかりの焼き肉店。フレンチや焼き肉など約15年修業を積んだ川田祐介さん(37)が神奈川県から故郷へ戻って店を出した。昼間は別経営の「さつまラーメン」。そこを借りて、夜間に営業している。夜は店頭に、小さな看板がある。

 

 カウンターと座敷で23席。料理は約50種。お薦めは「タッカルビ」=写真=(2~3人前2678円)。甘辛いタレに漬け込んだ熊本産の鶏肉をタマネギ、ジャガイモとともに鉄板で焼き、チーズに絡めて食べる。


 国産牛の上カルビ(421円)、上ロース(637円)なども「リーズナブル」と人気。約40種の酒類はキリン一番搾り生(432円)、焼酎、カクテルなど。


 川田さんは「夜の部だけですが、おいしい国産牛を安く、たくさん食べてほしいですね」と言う。早くも常連になった藤谷圭介さんは「店主の元気なあいさつと気さくな人柄がいいです。カルビは、とろけるような肉のうまみが抜群。値段も安いですね」と話している。午後5時~翌午前2時。無休。090-8625-0029



◇ 春日市

(2017/6/22掲載)

酒菜旬菜 ただいま

春日市春日原北町3の11の1 三の丸ビル1階
(西鉄大牟田線春日原駅徒歩2分)

 

店主厳選の日本酒 創作料理は旬の味

 今年1月にオープンした、全国から取り寄せた日本酒が楽しめる居酒屋=写真=。店内は落ち着いた雰囲気でカウンター7席と4人掛けのテーブルが1卓あり、ゆっくり腰を据えて、お酒と料理を味わえる。


 店主の多田裕二さん(50)が厳選した5、6種類の日本酒が置いてあり、10日ほどで銘柄が入れ替わる。「出来るだけ九州以外のなかなか飲めないものを集めています」。ほとんどが一杯700円以下と手ごろだ。香りが楽しめるように、ワイングラスのような形をした日本酒専用グラスで味わう。「聞いたことのないお酒が飲めるのがうれしい」と、常連客らに評判だ。


 料理は創作料理が中心。その時々の旬を取り入れたメニューが並んでおり、野菜は筑紫野市の農家から仕入れた新鮮なものを中心に使っている。一番人気は「黒毛和牛のメンチカツ」(730円)だが、「まぐろのソテー柚子胡椒ソース」(780円)など、日本酒に合うように作られたものも多い。


 営業は午後6時~同11時。金、土曜は午前2時まで。不定休。092-592-1639



◇太宰府市

(2018/5/3掲載)

くつろぎ空間 まめton

福岡県太宰府市国分1の5の31

(西鉄都府楼前駅から徒歩15分)

くつろぎ空間まめton(太宰府市国分) 馬刺盛り合わせ

鮮度にこだわった熊本直送馬刺し

 今年3月1日にオープンした居酒屋。和楽器が奏でる和風のジャズが流れ、木目調のカウンターや床などがひとときの癒やしを与えてくれる。落ち着いて食事と会話を楽しめる店だ。

 

 お薦めは熊本直送の「馬刺盛り合わせ」(1200円)。鮮度にこだわった国産、上、たてがみ、スモークの4種で、しょうゆにショウガ、ニンニク添え。肉のうまみと新鮮さが好評で「地域に馬刺しを置いてる店が少なかったので看板メニューにしました」と店主の森蔵人さんは満足そうだ。特選上馬刺(1080円)、馬刺ユッケ(850円)も大人気。

 

 もっちり豆腐(300円)は弾力があり、豆乳の香りと深い味わい。馬モツを細切りにした馬酢もつは、辛子ポン酢で食べるとお酒も進む。締めはオーダー率90%を超えるという温かい鴨南そば「まめtonそば」(500円)。アユやブリの塩焼き、アラカブのみそ汁も。

 

 午後5時~午前0時。木曜定休。カウンター5席と掘りごたつ式の4人掛けテーブル3卓で17席。092-408-3395


(2018/4/26掲載)

炭焼地鶏 山蔵

福岡県太宰府市内山832の2

(宝満山登山口にある竈門神社から徒歩2分)

 

炭焼地鶏 山蔵(太宰府市竈門神社付近)
オリジナルのタレに漬けた「地鶏」。これを備長炭で焼いて食べる

朝引きの地鶏を囲炉裏や七輪で

 宝満山の麓に3月、オープンした。古民家を再利用した雰囲気のある建物で、囲炉裏で焼いた朝引きの地鶏を堪能できる。落ち着きのある店内で、友人や家族でゆっくりとくつろぎたい。

 

 魅力の一つは、料理だけでなく、四季折々の景観を楽しめること。春には桜が咲き、これからは新緑がまぶしい季節を迎える。「ゆっくりとした時間の流れを感じながら、おいしい料理を味わってください」と店主の熊本義宗さん。囲炉裏8テーブル、七輪で食べるカウンター6席のほか、テラスにも4テーブルあり、屋外で豊かな自然を感じながら食べることもできる。

 

 景色だけでなく、もちろん料理も絶品だ。肉厚で弾力のある新鮮な地鶏は厳選したものばかり。「地鶏」(タレ・塩)(980円)などの焼き物や、「砂とろ刺」(660円)など様々な部位の刺身も味わえる。「せせり南蛮」(880円)は、「第9回からあげグランプリ」の西日本バラエティ部門で金賞を受賞した。

 

 午前11時~午後10時。木曜定休。092-710-1722

 

炭焼地鶏 山蔵(太宰府市竈門神社付近)
炭焼地鶏 山蔵(太宰府市竈門神社付近)


◇筑紫郡那珂川町

(2018/3/1掲載)

居酒屋 AJITO

福岡県那珂川町中原2の7

(JR博多南駅徒歩5分)

 

サクサクプリプリ「タコカツ」大人気

 6年目を迎えた人気の大衆居酒屋が40席を増設。既存の22席と合わせて62席となった。貸し切りも可能で、歓送迎会などに持って来いだ。

 

 増設に合わせて、2月から3つの新メニューが登場した。「牛串」(2本380円)はサガリを使用。ソースはワサビやペッパーなど8種類から選べる。「AJITOチキン」はSとLの2種類。S(180円)はフライドチキンで、L(680円)は特製のタレに漬け、スパイスを利かせて焼いたモモ肉。

 

 早くも人気を呼んでいるのがタコカツ(380円)。サクサクの食感とタコのプリプリ感が絶妙。ソースとマヨネーズで食べる。

 

 店長の黒岩真樹さんは「自分がおいしいと思うものを提供するようにしています」と話す。コーンバターなどの「お子様メニュー」も充実しており、小さい子供がいても気軽に利用できる。同店ではインスタグラムも開始。アカウントIDはsuper ajito。

 

 月、火、木~土曜が午後6時~翌午前1時。日曜が午後5時~同11時。水曜定休。090-1978-7191

居酒屋AJITO(那珂川町 博多南駅徒歩5分)
40席増え、広々として、ゆっくりくつろげる店内


◇ 遠賀郡芦屋町

(2017/5/25掲載)

呑み食いZe好頂

福岡県遠賀郡芦屋町船頭町1の45
(北九州市営バス自衛隊前バス停から徒歩1分)

 

韓国の定食中心 ボリューム満点キムチもおいしい

 ボリューム満点のメニューで地元の人や自衛隊員に愛される居酒屋。19年目を迎え、6月14日からは、「うみそら食堂」として、昼の営業を開始する。


 昼のメニューは「アルンダッタ・ヒムン定食」(1180円)=写真=、「カルビスープランチ」(1080円)など韓国の定食が中心。常連客の間で「手作りキムチがおいしい」と評判だったことから、昼は韓国料理に。「お客さんの要望に応えました」と木下英龍店長。


 おすすめの「アルンダッタ・ヒムン定食」は、カルビ、石焼きうどん、コラーゲンスープ、サンチュ、タコフェ、キムチ、ライスと盛りだくさん。アルンダッタは日本語で「美しい」、ヒムンは「力」の意味だ。


 昼の営業は、午前11時30分から午後2時ラストオーダーで、日曜、祝日と第1、3月曜が休み。もちろん、夜の営業もこれまで通り充実。お得な一人3500円で120分飲み放題のコース(すし、刺身など7品)が特に人気を集めている。


 夜は2階も合わせると70席(昼の営業は20席で1階のみ)。夜は午後5時30分から同10時ラストオーダーで不定休。093-223-1332

呑み食いZe好頂 芦屋町


◇ 遠賀郡水巻町

(2017/5/18掲載)

黄河

福岡県水巻町吉田西4の7の12
(JR東水巻駅から徒歩5分)

 

人気の食べ放題 本格中華楽しむ

 今年で15年目を迎えた、低価格で本格中華を味わえる人気店。「麻婆豆腐」(550円)=写真=、「昔ながらの素朴な炒飯」(480円)などのほか、旬のものを扱った季節限定メニューも。7種の味が楽しめる中国酒ハイボール(各430円)も料理によく合う。


 家族連れも多い
が、カウンター席もあるので1人でも入りやすい。「肩肘張らずに、気軽にいらしてください。昔の中国映画に出てくるような店内の雰囲気も楽しんで」と、店長の佐々木裕二さん(45)。


 50席あり、団体でも楽しめる。人気は、約30種の料理からフリーオーダーで120分食べ放題のセットメニュー。2人から注文可能で、男性2500円、女性2300円。プラス1500円で飲み放題に出来る。


 開店した頃からよく通っているという有田雄二さんは「気持ちのこもった料理に、人間性が表れている。安い、うまい、奥さんのあいきょうがあると、三拍子そろっています」と話してくれた。


 午後5時~翌0時30分。月曜定休。093-201-1775



◇ 行橋市

(2017/11/16掲載)

ITALIAN BAR LUNETTA(イタリアンバール ルネッタ)

福岡県行橋市宮市町1の5

(JR行橋駅から徒歩5分)

 

表面はカリッ中はホロホロ

霧島黒豚肩ロースとバラ肉のコンフィ

 今年4年目を迎えた本格イタリアンの人気店。店内は、白川晃永オーナー(36)が「一人でも気軽に入りやすいように」と話すように、開放的で明るい雰囲気。家族づれやカップルが、料理やワインを楽しんでいる。

 

 お薦めは、霧島黒豚肩ロースとバラ肉のコンフィ(1280円)=写真=。宮崎・都城から仕入れた豚肉を低温のオリーブオイルで3時間煮込み、肉のうま味を凝縮する。カリッとした表面と、中のホロホロとした肉のコントラストが絶妙だ。

 

 パスタやピザも充実。白川さんオリジナルのピザ「ルネッタ」(890円)は、塩漬けにした豚バラ肉を使用。独特の味わいで好評だ。ワインもイタリアのものを中心に常時30種類ほど置いてある。

 

 カウンター7席を含め20席。ランチは午前11時30分~午後2時30分(ラストオーダー午後2時)。ディナーは月~土曜が午後6時~翌午前1時(同午前0時)、日祝日が午後5時~翌午前0時(同午後11時)。不定休。0930-23-1090



◇ 久留米市

(2017/4/27掲載)

Pizza World & M

福岡県久留米市津福本町221の16

(西鉄大牟田線試験場前駅から徒歩2分)

 

新釜で焼くこだわりピッツァ

 2008年8月に福岡市中央区白金に開業し、今年3月に現在地に移転した。ピッツァはナポリから輸入した薪窯を使って焼くなど、細部にまでこだわりがある=写真=。


 昼のメニュー(1000円~)は「マルゲリータ」など5、6種。すべてサラダ、コーヒー付。


 夜のメニューはは20種類以上のピッツァが並ぶ豪華なラインアップ。中でも人気は、オーナーの石井慎太郎さん(40)の考案した「JACK」(1690円)。豚バラと黒こしょうを使ったオリジナルだ。


 飲み物も充実しており、イタリアのものを中心にビールやワインなどがそろう。「ピッツァに合うものを」と、石井さんが厳選したものばかり。


 移転前はよく通っていたという「グリルmamenoki」(福岡市中央区白金)のオーナー積明隆さんは「オリジナルピザのJACKは他にはない味。感性とセンスが凝縮されています」と話してくれた。


 30席。午前11時30~午後3時、午後5時30分~23時。木曜定休。0942-32-5830

Pizza World & M 久留米